仕事&マネー 【脱貧困!】国民年金を6年間しか払っていません。今からでも払えますか?払ったらいくらもらえますか?

お金に苦労せず、幸せに生きていくことを目指す【脱貧困診断】。今回の相談は、山下公子さん(仮名・病院勤務・40 歳)からの質問です。

「40歳です。国際結婚をし、現在ドイツで暮らしています。そのため、20歳から払い続けていた年金を、26歳から払っていません。実はこのたび離婚をして、日本に帰ってこようと思っているのですが、帰国したら払っていない分の年金をすべて払わなければいけませんか?

また、そうすれば老後にほかの方と同じように、年金をもらえるのでしょうか。今、貯金がほとんどないのですが、全額払えない場合は、どうなりますか?」

相談者さんのような理由でなくとも、「実は年金を払っていない」「未払い時期がある」という働くアラサー、アラフォーの方も多いのではないでしょうか。今からどうにかなるのかしら。それとも、今さらだから自分で貯金していったほうがマシ?

森井じゅんさんに伺ってみましょう。

☆☆☆

加入期間が10年あれば年金は受け取れる

年金を将来もらえるのか、もらえる場合にはいくらもらえるのか、というのは年金に加入し年金保険料を納付してきた実績により決まります。基本的には、20歳から60歳までの間に、「どのような年金」に「どれくらいの期間加入」し、「どれくらい年金保険料を納めてきたか」によって変わってきます。

相談者さんが国民年金に加入していたとのことですので、今回は国民年金を中心にお話します。

ざっくりと現在の国民年金の目安を説明します。

まず、年金の加入期間が10年以上であれば年金を受けることができます。

現在の年金支給水準で考えると、国民年金10年の納付期間では、65歳から月1万6000円程度の受取額になると想定されます。ちなみに、20歳から60歳まですべての期間納付していた場合の受取想定額は月6万5000円程度です。

社会保障協定が発効されている国の年金加入期間は日本の年金加入期間にみなされる

相談者さんのケースでは、これまでの日本の国民年金への加入期間が6年ということですね。

それが年金加入期間のすべてでしょうか?

海外で働く場合は、原則として働いている国の社会保障制度に加入をする必要があります。相談者さんは、ドイツで暮らしているとのこと。ドイツで働き、ドイツで年金に加入しているのではないでしょうか。

日本とドイツの間では社会保障協定が発効されています。そのため、ドイツの年金制度に加入していた期間を日本の年金に加入していた期間とみなします。つまり、年金加入期間を通算できるのです。日本では6年しか加入していなくても、通算すればすでに受給資格を満たしているかもしれません。

また、ドイツの年金制度を脱退するということで、「脱退一時金」を受けることも可能です。しかし、脱退一時金を受けると、ドイツで年金に加入していた期間が加入期間の計算に含まれなくなり、日本の年金を受ける際の受給資格を満たさない可能性もあります。

まず、ドイツでの年金の加入状況を確認しましょう。

1 2