仕事&マネー 【脱貧困!】来年1月から「つみたてNISA」がスタート。で、NISAってなんですか?

お金に苦労せず、幸せに生きていくことを目指す【脱貧困診断】。今回はNISAについてです。

来年1月より「つみたてNISA」制度がスタートする、というニュースを読んだ人も多いと思います。「少ない資産をできるだけ安全に増やしたい人向け」、「初めて投資をする人にも安心」などの言葉が躍っています。

一方、「貯めてるだけじゃ、お金は増えない!」なんていう話もあり、投資を始めたほうがいいのかなぁ……と思っている堅実女子も多いのでは?でも、そもそもNISAってなに?まずはそこから、ということで森井じゅんさんに聞いてみましょう。

☆☆☆

Q:そもそもNISAって何ですか?

NISAとは、イギリスにおけるISA(Individual Savings Account)日本語で個人貯蓄口座、をモデルに作られたものです。NISAとは日本版ISAの略です。日本では2014年に、個人の資産形成や投資促進を図る目的でNISAが導入されました。

NISAとは少額投資非課税制度です。その名のとおり、「少額の投資については非課税にしましょう」という制度になります。

具体的には、「NISA専用の口座を開設し、その口座で株や投資信託等に投資をして得られた配当金・分配金・譲渡益といった利益について、税金がかからない」というものです。

ひとつ、注意したいのは、配当金や分配金の受け取り方法です。

NISAによって得た配当金や分配金を郵便局で現金で受け取ったり、銀行振込などで受け取ってしまうと、その部分は非課税になりません。NISA口座の配当金や分配金については、必ず証券口座に直接入金されるように設定しましょう。

Q:NISAは誰でもできますか?「少額」とはいくらですか?

NISAは、口座を開設する年の1月1日時点で、日本に住んでいる20歳以上の方が対象です。

NISAの非課税枠は、この制度がはじまった時点では100万円でしたが、現在は「元本で年間120万円」です。それを5年利用することができます。つまり、最大600万円の投資を非課税で行なうことができます。

注意としては、「その年に使わなかった枠の繰り越しはできない」こと。

たとえばNISA口座を開設して、今年、120万円の枠のうち100万円しか使わなかったとします。でも、来年に120万円+20万円で140万円使えるようにはならず、来年も非課税枠は120万円です。

また、購入した商品を売っても、非課税枠は復活しません。つまり、1月に120万円投資商品を買って、2月にすべて売却した場合、その年はそれ以降、NISA口座での取引はできないということです。そのため、“最大”600万円の投資なのです。

1 2