仕事&マネー 【脱貧困!】つみたてNISAを始めるなら口座開設はどこがベストなの?「つみたてNISA」初心者講座

お金に苦労せず、幸せに生きていくことを目指す【脱貧困診断】。1月からスタートするつみたてNISAについて、森井じゅんさんに教えていただいています。今回は、つみたてNISAを始める口座を開く場合に、気を付けなければいけないポイントについてです。

「つみたてNISAについての質問です。証券会社でも銀行でも取り扱いがあるようですが、自分のメインバンクやゆうちょで始めたほうが安全ですか?それとも証券会社で新規で始めたほうが得ですか?取引先の種類や選ぶときのポイント、注意点を教えてください。これまで貯蓄以外のことはしたことがありません」(アパレル関連会社勤務・29歳)

さっそく、森井さんに詳しく教えていただきましょう。

☆☆☆

つみたてNISAはネット銀行やネット証券会社でも始められる

つみたてNISA口座の開設は、対面型の大手銀行や大手証券会社だけでなく、ネット銀行やネット証券など選択肢はいろいろあります。

現在では、口座開設でキャッシュバックやポイントが付くなど、それぞれの金融機関でさまざまな口座開設キャンペーンも展開しています。

対面で相談をしたいというのであれば、ご自身のメインバンクの窓口で相談してもいいでしょうし、新しいことを始めるなら新しいところと取引してみたいというのであれば、新規の金融機関で開設してもよいでしょう。

運用したい商品がある金融機関を探す

これまで説明してきたように、つみたてNISAの対象商品は、安全性やコストを重視したものに限定されています。長期の資産形成に適すると金融庁が認めた低コストの投資信託とETF(上場投資信託)に限るため、現在131本が対象です。

そして、各金融機関が131本すべてを取り扱っているわけではなく、独自の選定基準で選んだものをラインアップしています。つまり、金融機関によって、取り扱っている商品が違うということです。

特に対面型の金融機関では、選びやすいよう、取扱商品が絞られていることが多いです。ご自身がどんな商品を運用したいのかを考え、その商品を取り扱っている金融機関を選ぶことをオススメします。

そして、サービスの違いもしっかり確認しましょう。

たとえば、積み立て可能な最低金額は、金融機関により異なります。月1万円以上を積み立て額としているところもあれば、1000円以上と設定している金融機関もあります。さらにネット証券では100円から積立額を設定できるところもあります。

また、金融機関によっては、ボーナス時期に自動で積立額が増やせるサービスもあります。

できるだけ少額から始めたいと考えているなら、最低金額の設定値がいくらなのかも、選定ポイントになるでしょう。

そして、口座開設のスピードも金融機関により異なります。また、つみたてNISAの資金をどこから引き落とすことができるのかも、金融機関により違います。具体的に言うと、銀行口座や証券口座からの引き落としになります。

相談者さんのように、これまで投資をしてこなかった方は、つみたてNISAのためにわざわざ銀行口座から証券口座にお金を移動させるのは面倒に感じるかもしれません。その場合には、直接指定した銀行口座からお金が引き落とせる金融機関を選ぶのがよいでしょう。

また、一部ですが、クレジットカードの引き落としに対応している金融機関もあります。ご興味があればネット証券などを確認してみてください。

いずれにしても長く付き合える金融機関を慎重に選ぶことが大切です。

1 2