仕事&マネー 【脱貧困!】結婚予定の都内ひとり暮らし32歳OL。彼との新居は、買うのと借りるのとどっちが得ですか?

お金に苦労せず、幸せに生きていくことを目指す【脱貧困診断】。今回の相談は、荒木もと子さん(仮名・32歳・IT関連会社勤務)からの質問です。

「32歳のOLです。今、結婚を考えている彼がいます。彼は34歳で出版社勤務。築地にある家賃18万円の1LDKのマンションに住んでいます。一方私は、白金台の家賃10万円の1LDKのアパートに住んでいます。結婚するにあたり、都内に2LDKくらいの場所に引っ越さないといけないねと話しているのですが、今って、買うのと借りるのと、どっちが得でしょうか。

現状の私と彼が今払っている家賃を合わせると、単純計算で28万円は家賃にまわせるのではと思っています。借りるのと買うので比較する場合、ポイントや注意すべき点を教えてください。ちなみに、私の貯金額は300万円程度。彼の貯金額は教えてもらえません」

結婚すれば、光熱費などはひとり暮らしよりも抑えられるはずだし、「結婚するんだから」と思うと、大きな買い物にも胸膨らみますよね。家は借りた方がいいのか、買った方がいいのか?森井じゅんさんに教えていただきましょう。

☆☆☆

賃貸物件のメリット・デメリットとは?

「買うのと借りるのと、どっちが得でしょうか」とのことですが、率直に言って「どちらがお得か」という視点で家を購入することを私はオススメできません。不動産屋さんの売り文句でも、「家賃と同じくらいの月々の住宅ローンの支払いで、マイホームが持てますよ!」というのをよく聞きますが、その比較で住宅の購入を決めるのは危険です。
 
メリットとデメリットだけでなく、リスクを考える必要があるからです。
 
とはいえ、相談者さんが賃貸か購入かと検討していらっしゃるようですので、まず簡単に賃貸と持ち家の比較をしてみましょう。
 
賃貸住宅のメリットは、初期費用が持ち家ほど高くないこと、固定資産税がかからないことでしょう。近隣問題・自然災害などに直面した場合には、動きやすい・引越ししやすいというメリットもあります。
そして、賃貸の大きなデメリットとしてよく挙げられるのが、「家賃を払い続けなくてはならない」ということです。賃貸で家賃を払うより、ローンを組んだほうが毎月の支払いが少ない、というケースを考え、持ち家に傾く方も多いです。

持ち家は税制面での優遇と安心感が魅力

一方、持ち家の一番のメリットは、なんといっても税制的な優遇と安心感でしょう。所得税・住民税対策として住宅ローン減税を考える人は、とても多いです。さらに、相続時、現金よりも不動産で相続をすると相続税の計算に有利なため、相続対策として家を持つという方もいらっしゃいます。リフォームにかかったお金やリフォームのために借りたお金の一部が減税になるなど、持ち家でなければ受けられない税制優遇もあります。

賃貸と比べて、老後の住宅への心配がなく、自分好みにアレンジやリフォームが可能というのも嬉しいですね。

しかし、持ち家のデメリットもあります。

まず、住宅ローンを完済しても、維持費・固定資産税などの支出があることです。これは賃貸住宅の賃料よりも大きくなる可能性があります。また、家族構成や環境が変わっても簡単には動けません。

1 2 3