仕事&マネー 【脱貧困!】節約してるつもりなのに月末になると金欠に……手っ取り早くお金を貯めるには生活費のどこを引き締めるべき?

「家賃は月収の3割」は過去の話

相談者さんの内訳で一番気になるのは、家賃の12万円です。これは手取りの4割を占めます。この家賃帯の物件に住まなくてはならない理由、もしくは譲れない条件があるのでしょうか。もし、そこまで深く考えずにこの家賃を毎月支払っているとしたら、立ち止まって考えてみてください。

「家賃は月収の3割」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。つまり、家賃は月収の3割程度が目安、という考え方です。相談者さんも、月収42万円で12万円の家賃に住んでいるとのことですので、月収の3割程度の物件に住んでいることになります。

しかし今は勤めていればお給料が上がっていった、少し前の時代とは違います。また、月収に占める社会保険料や税金を差し引くと、手取りは月収の8割程度になります。そのような中、月収の3割を家賃に支払ってしまうと、残りは月収の半分です。これはかなり苦しいでしょう。

現在では、毎月の手取り額の3割程度が目安とも言われます。相談者さんの手取りを考えると、9万円程度の家賃が目安になってきます。例えば、9万円程度の家賃に抑えることができれば、そのほかの何も変えずに、それだけで毎月3万円の余裕ができます。

一方で、年功序列や終身雇用の壊れつつある現在の雇用環境などを考えてみても、手取りの3割、というのも少しリスクがあると私は考えます。実際、相談を受ける場合には、月収の2割から2,5割でまず考えてもらうようにアドバイスしています。

もし、相談者さんが、手取りの2割つまり6万円の家賃に抑えることができ、今と同じ生活をしたとすれば、現在の月3万円の貯金を9万円まで上げることも可能です。つまり、手取りの3割を貯金にまわすことができるのです。

変動費の節約より固定費の見直しを

そして、もうひとつ、固定費で考えていただきたいのは、水道光熱費です。相談者さんは一人暮らしでいらっしゃるようですが、電気・水道・ガスで3万円は正直高いです。電気は抑えているようですので、プロパンガスなのかもしれません。一言でガスと言っても、種類があり、プロパンガスは、場合によっては都市ガスの2倍程度となることもあります。そういった面もチェックしてみましょう。

通信費についても2万円というのは削減余地があるように感じます。携帯のプランの見直しや格安スマホなども視野に入れてみてはいかがでしょうか。

実際、節約、といえば食費など変動費に意識が行きがちです。しかし自分の生活を振り返って、変動費がある程度セーブできている場合には、そこに執着するのは逆に危険です。変動費の削減もそれなりに効果はありますが、ストレスになることもあります。節約のしすぎでストレスが溜まってしまっては本末転倒です。また、ある日、たまりにたまったストレスが爆発して大きな浪費につながってしまうことも。

逆に固定費は、毎月当たり前に支払ってしまっている出費です。毎月無駄遣いをしていないのに苦しいといった場合には、固定費がかかりすぎていることが、実際に非常に多いのです。この固定費を見直すことで、日々の切り詰めよりも格段に大きく出費が抑えられることがあります。

価値観やお金の使い方は人それぞれです。そして、必ずしも貯金にこだわりすぎることもおすすめしません。

ただ、自分にとって何が一番大切で、何が譲れないところなのか、をしっかり考えてみてください。自分が重きを置いていないところに大きな固定費が潜んでいれば、それはある意味、支出を抑える大きなチャンスです。まずは、現在の支出・自分の価値観をじっくり見直してみましょう。

安い家賃のところに引っ越すのも選択肢のひとつ。自分の求めるライフスタイルを我慢するのもストレスになります。よく考えてみましょう。

 

賢人のまとめ

まず、自分がどんなお金の使い方をしているのかをしっかり把握することが大切です。貯金をしたいのであれば、変動費より固定費の見直しが有効です。変動費の節約はストレスになることも。自分が重きを置いていないところに大きな固定費が潜んでいれば、それはある意味、支出を抑える大きなチャンスといえます。

1 2