仕事&マネー 先週の記事で自治体が発行している商品券があることを初めて知りました。こうした「プレミアム付き商品券」と「デパートの商品券」とどっちがお得なんですか?T・Mさん(アパレルメーカー勤務・28歳)

A「プレミアム付き商品券」は少ない金額で投資できてすぐに使える!

先週お伝えした「プレミアム付き商品券」のニュースが各地から続々届きます。

新潟県阿賀野市が5月1日に発売した「五頭温泉郷スーパープレミアム旅行券」は、発売と同時に1800枚がわずか3分で完売したそうです。衝撃的な速さですね。商品券は通常1枚1万円のところ、50%オフの5000円。朝の5時半から並び、その足で宿を予約したお客さんもいたそうです。

この「プレミアム付き商品券」は、全国約1700もの自治体で計画し、その多くは5月から6月にかけて販売されるとのこと。そこで、人気の「百貨店友の会」とどっちにお金を投資したらいいのか、悩ましい問題が出てきます。

「百貨店友の会」は、例えば毎月、1万円を1年間積み立てると、1年後に13万円の買い物ができる仕組みです。1万円分がプラスになるのでお得なことから人気を呼んでいます。

百貨店が発行する商品券やプリペードカードにお金がチャージされ、買い物する時はレジにカード、商品券を提示します。

1万円はちょっとキツイという人も、5000円から始めるプランや半年で商品券などに交換できるプランもあります。

最低でも半年から1年間積み立てる方式なので、バーゲンなどのセールで急に買い物したい時に使えない、基本的には積み立てている百貨店(お店によっては系列店も含む)以外では、使えないといった制約があります。

▼「プレミアム付き商品券」は次ページで詳しくチェック!

0522money

1 2