仕事&マネー 【ビジネス女子マナーQ&A】メールに返信が来ない、電話をかけても折り返しもせず、ばっくれる仕事相手に怒り心頭!どうしたらいい?

相手を外さない方法で寛容な手段を考える

相談者さんは、そういう人とは仕事をしたくない!思ってしまっているかもしれません。でも仕事の場合、その相手を外さない方法で、まずは寛容な手段を考えるべきといえます。なぜなら、世の中には優秀な人ばかりではなく、弱者も一緒に助け合って、お互い育てあって生きるのがいい社会といえるからです。会社も同じです。仕事ができないと判断したら、その時点で切り捨てていくという考えはよろしくありません。

まずは、その人以外に仕事の接点をもつ人を見つけましょう。たとえば自分の同僚、その仕事の責任者である上司の方、その会社のアシスタントのなど、先方の社内でも困っている人がいるはずです。そういう方々に、チームでやりとりさせてほしい、ペア制にしてほしいなど、対策を提案するのです。担当者を変更してもらうというのは、その先の話としましょう。会社ごと乗り換えるというやり方も、会社同士ではありえます。でも、そうなってしまえば、損害額も大きくなります。先方は大打撃でしょうし、一からやり直しとなれば、こちらのダメージも小さくないでしょう。損害を最小限に抑える方法を考えるというのも、優秀な社会人の能力のひとつです。

ビジネスシーンでは、怒りを理論的に、言葉を選んで伝えるのがカギ。

賢人のまとめ

しつこく連絡をとるしかありません。関係者に相談する際には、チームでやりとりさせてほしい、ペア制にしてほしいなど、まずはその人を外さない方法で対策を提案しましょう。担当者を変えてもらったところで、次の人だって同じかもしれません。その人をうまくコントロールしていくことこそが、自身の手間を最小限にし、仕事の効率を上げる結果をもたらします。

1 2