仕事&マネー 【ビジネス女子マナーQ&A】パワハラ、セクハラが横行している会社…新卒だけど転職したい。我慢が足りないですか?

早期に転職するならワガママ転職と思われない準備が重要

相談者さんの会社は、パワハラ、セクハラが横行しているとのこと。それにより、あなたが直接的な被害をこうむったり、ストレスなどで精神的にダメージを受けてしまってはいけません。ご両親が入社を喜んでくれたから辞められないというという優しい気持ちはわかりますが、それで無理をして体調を崩してしまったら、それこそご両親は悲しむでしょう。転職を考えること、実際に転職することは悪いことではありません。

しかし、先ほど書いた通り、「ひとつの仕事を三年続けたら一区切り」という考えはある程度浸透していますが、早期の転職については、「なぜ?」と思われないとも限りません。前職でどんな事情を抱えていたとしても、飽きっぽいのでは、性格的に問題があるのでは、コミュニケーション力がないのでは、など転職理由が本人の資質にかかわると思われてしまうと、採用にブレーキがかかってしまうでしょう。

たとえば、相談者さんが例にあげた40代女性についても、見る人によっては、年長者とは昭和的なコミュニケーションを、年下とは具体的な仕事のやり方の共通項を探っていたと感じる人がいるかもしれません。「イヤだから辞めた」の「イヤ」は人ぞれぞれの主観ですから、聞く側に好意的な気持ちがなければ、単なるワガママと受け止められかねないのです。

転職するのであれば、前向きな転職理由を言えるようにしっかり準備をしておきましょう。前職の愚痴や悪口を言う必要はありません。「もともと、御社の業務に魅力を感じていて諦めきれなかった」「実際に仕事をしてみてから様々なことに意欲がわき、チャレンジしたくなりました」「将来的にキャリアアップができる仕事をしたいと思って」などが無難なところですが、できればこれらに加え、転職意欲を感じられるように資格やスキルなど、自分の仕事における魅力を具体的にアピールできるといいですね。

「ちょっとしか働いてないし、アピールポイントがない」と思うかもしれませんが、これから働きながら転職活動を始めたとして、今日明日に転職先が決まるということはないでしょう。その間に、準備してもいいのです。転職のためのスキルアップに夢中になっているうちに、それこそ自分の今いる会社の人間関係が気にならなくなったり、魅力を感じる部分が見つかるかもしれません。

せっかくの長い連休中です。リフレッシュしながら、将来設計をしてみるのもいいと思います。

この長い連休中を転職準備に充ててみても。

賢人のまとめ

転職すること自体は悪いことではありません。しかし、あなたに問題があると思われてしまっては、採用にブレーキがかかってしまうでしょう。前向きな転職理由が言えるようにしっかり準備して臨みましょう。

1 2