仕事&マネー 【ビジネス女子マナーQ&A】新入社員が入ってこなくてずっと下っ端…。このままだと“使えない人”になってしまう!?転職すべき?

働く堅実女子のためのビジネスで役立つマナー、今週は児玉いづみさん(仮名・メーカー・28歳)からの質問です。

「今いる会社は、私が新卒で入社してから新卒採用が止まっています。なので、短大を卒業して入社8年目になりますが、ずっと下っ端の仕事ばかりさせられています。このままだと、30歳になっても“使えない人”になってしまうのではないかと不安です。事務系の求人情報誌などを見ると、そこそこ募集もあって、転職するならこのタイミングなのかなぁとも考えていて……。転職する場合、上司にどう説明すればいいでしょうか」

職場では、まだまだ若手と言われる20代。そんな中でも、「8年も務めているのにずっと下っ端だとキャリアが積めない……」と悩んでいる女子は少なくありません。一生働くにしても、このままでいいのだろうかともやもやするタイミングでもあります。転職するにしても、「後輩がいなくて……」などと説明するのは角が立ちそうです。こういった場合、どうすればいいのでしょうか。鈴木真理子さんに伺ってみましょう。

☆☆☆

人手不足で売り手市場といわれるなか、新卒採用が減っている実態も

新入社員が入ってこなくてずっと下っ端……というケースは、よくあるパターンのひとつです。近年、企業の人手不足は過去最高などといわれ、深刻な人手不足により、就活生は売り手市場になっているといったニュースも耳にしますが、少子高齢化で定年が70歳まで伸びるところもあるなか、企業によっては新卒採用が減っているという実態もあります。ただ、同時に今は年功序列も崩れてきているので、あなたが成果をきちんと出せば、お給料がアップしたり、役職者になれる可能性だってあるのです。

1 2