仕事&マネー くしゃみや咳、あくびが大きい人…本人に注意したいけど、どう言えばいい?

働く堅実女子のためのビジネスで役立つマナー、今週は田辺文美さん(仮名・IT関連会社勤務・28歳)からの質問です。

「同じ部署に、くしゃみやあくびが大きい人がいて本当にイヤです。風邪気味のときなどは、席でブーっと鼻をかんだりして……気持ちが悪いんです。トイレなどでこっそりやるのがエチケットではないでしょうか。周囲を不快にさせていることを、本人に指摘してやめさせたいです。でも、本人が悪気はないとはわかっているので、傷つけたくはありません。どう言えばいいでしょうか」

業務に集中しているときに、急に「ふぁーーーあ」と大きなあくびをされたり、「ぶしゅっ」とくしゃみをされたりすると、驚いてしまったり、不快に感じたりしますよね。新型コロナウイルスの影響もあり、咳をするだけでギョッとすることも……。快適に仕事をするためにも、「ほかの人もいる」ということに気を配ってほしいところですが、感情に任せて怒ってしまっては角がたちます。また、その相手が先輩や上司など、目上の立場の場合もありますよね。でも、ガマンしていればストレスも溜まってしまいます。こういうとき、どのように対処したらいいのでしょうか。鈴木真理子さんに聞いてみましょう。

☆☆☆

大きなあくびやくしゃみはハラスメント

相談者さんも書いてくださった通り、これはエチケットの問題ですね。デリカシーのない人は、自分のあくびやくしゃみ、咳が周囲を不快にしているということになかなか気づけないものなのです。そして本人は、大きなあくびやくしゃみをすることが気持ちいいのでしょう。しかし、「あ~あ!」というような大声が社内のやる気をそぐのは間違いありません。その点において、一種のハラスメントともいえるでしょう。

職場環境を快適にすると、生産性もアップするといわれています。「うるさいから嫌だ」「不快だからやめてほしい」というのではなく、「部内のやる気が削がれる」という理由をもって上司に相談するというのがベターではないかと思います。「咳が多くて心配です」など、相手を否定しない言い方ができるといいですね。

1 2