仕事&マネー 「マスクちょうだい」とねだってくる同僚女性…どう対応したらいい?

働く堅実女子のためのビジネスで役立つマナー、今週は三橋由紀子さん(仮名・PR会社勤務・28歳)からの質問です。

「うちの会社、いまだに通常出勤の社員のほうが多いんです。私はもともと花粉症なので、使い捨てマスクは早めにストックしていたので、なんとかしのいでいるんですが、同僚女性から“分けて欲しい”と言われてしまって。最初は何枚かあげていたんですけど、これからどのくらい新型コロナウイルス騒動が長引くかわからないなか、マスクがなくなっちゃうんじゃないかと自分自身も心配で……。角がたたない断り方が知りたいです」

マスク不足は深刻化しています。手作り用の材料も手に入りにくくなっているなか、申し訳ないけどあげたくない……という気持ちになることもありますよね。今回は、断るときのマナーについて鈴木真理子さんに聞いてみましょう。

☆☆☆

非常事態のときほど、相手に共感することが大切

断るときには、もちろん「イヤです!」と拒否するのがもっとも簡単です。しかし、それでは相手も気を悪くしてしまいます。非常事態になって、みんなの心もささくれ立っていますから、いつも以上に慎重に対応したいところ。職場で日々顔を合わせる相手と、コロナごときのせいで関係に亀裂が入ってしまうなんてやりきれませんからね。みんなで打ち勝っていきましょう。

断るマナーでもっとも大切なのは、相手の気持ちに同調、共感することです。まず相手が今どう思ってるのかというと、マスクが手に入らなくて困っているんです。まず、そこに同調しましょう。「本当に、マスクが手に入らなくて困るよね……」に続けて、「うちも高齢者がいるから本当に困ってるのよ」など、自分の状況も伝えます。そうすることで、相手にあなたが自分と「同じ」であること、つまり味方だということを意識づけられます。その上で、「私も足りなくなっちゃって、いよいよ買わないとって思っているんだ」など、やんわりと断るとよいでしょう。

1 2