仕事&マネー 手作りマスクを社内で配って「家庭的な女アピール」の後輩がうざい…。もらったけどつけたくない、どうしたらいい?

働く堅実女子のためのビジネスで役立つマナー、今週は野橋本ゆきさん(仮名・メーカー勤務・36歳)からの質問です。

「うちの部署の後輩が、チーム全員に自分で作った手作りマスクを持って来たんです。ひとりひとり、イニシャルまで刺繍して……。手作りが趣味なのは個人的なことなので本当にどうでもいいのですが、“こういうのが作れる女の子っていいよね~”などと男性陣に言われて浮かれている姿を見るとイラっとしてしまいます。私ももらいましたが、耳のゴムも痛いし、フィットしないし……。気持ち的に、つけたくありません。

でも、みんなはしゃいでつけているのに、自分だけつけていないとひがんでるみたいだし、意地の悪い女などとレッテルを貼られるのもイヤ……。 こんなことでジクジク悩んでいる自分も情けないですが、どうしたらいいでしょうか」

マスクではなく、その人のことがイヤなのでは…

使い捨てマスクが品薄で、高値で販売されていたり、そもそもどこにも売っていないといった時期には、手作りの布マスクのプレゼントは本当にありがたいものでしたよね。

ただ、今はずいぶん値段も安定し、おしゃれなファッションブランドやスポーツメーカーなどから、柄がかわいかったり機能性がよかったりするマスクが登場し、ネットでも手に入りやすくなりました。ファッション感覚で複数購入し、毎日どれをつけるか、通勤服とあわせて選んでいる人も多いでしょう。

そんなときに、手作りマスクをプレゼントされても困ってしまうというのもわかります。しかも、つけ心地がよくないとなると、なかなか心から喜べないですよね。

でも本当は、マスクそのものではなく、相談者さんはその後輩さんのことがイヤなのではないでしょうか。存在を疎ましく思っていたということはありませんか。

1 2