仕事&マネー 部下を指導しただけなのにパワハラ告発され厳重注意に…、むしろ逆パワハラなのでは?

働く堅実女子のためのビジネスで役立つマナー、今週は坂本あみさん(仮名・広告会社勤務・36歳)からの質問です。

「仕事量が多いと文句を言ったり、疲れたと言ってダラダラと作業をするだけでなく、注意をするとふてくされて態度がさらに悪くなる部下がいます。

こちらも忙しいときには目に余ると思いながら放っておいているのですが、さすがにちょっと許せない部分があって、本人を呼び出し、話をしました。そしたら、その会話を彼女は録音していて、パワハラだとして人事部に渡したのです。結果、私は厳重注意をうけることになりました。

多少感情的になっていたかもしれませんが、内容としては“勤務時間内は給与をもらっている社員としてきちんと仕事をしなさい ”ということで、会社に不利益をもたらす内容ではなく、むしろ貢献しているといっていいと思います。なのに、 私が悪いみたいに扱われて不快です。こんな理解のない会社、辞めてやろうかとすら思ってしまいました。どうしたらいいのでしょうか」

立場に差がある人間関係は、どんどん難しくなっていっている感があります。職場で指導する身になっていく30代の働く女性にとって、部下から、そして会社からパワハラ容疑をかけられるというのは不本意であるとともに、他人事ではないでしょう。このようなとき、どうすればいいのか、鈴木真理子さんに聞いてみましょう。

些細なこともパワハラの俎上にのせられる社会に

これまで、労働者の権利が曖昧で、ひどい扱いを受けながら働くということが日常化しているしている場が多くあったことは事実です。それによって心の病気になったり、働きすぎて命を落とすという悲しいことも少なくありませんでした。パワハラの公的な定義が生まれ、認識が高まったことで、多少なりとも労働者の環境が向上したというメリットは大きいはずです。

ただ一方で、相談者さんのように上の立場となった人たちから、「ダメな部下をただ注意しただけなのにひどい」「会社の利益向上のために貢献しているのに」「上に立つ人間はおとなしくしてなくちゃいけないの?」といった不満や戸惑いが噴出しているという状況も否めません。「弱いものにやさしく」という社会の正しさが、「強いものを糾弾する」という流れを生んでいるということはあるでしょう。

1 2