仕事&マネー プライベートを根掘り葉掘り聞いてくる先輩が苦痛…、どうしたら相手に伝わる?

働く堅実女子のためのビジネスで役立つマナー、今週は武田奈津子さん(仮名・メーカー勤務・28歳)からの質問です。

「同じ部署の先輩とは、みんなでランチに行ったり休憩室で雑談するくらいの関係値です。特に仲が悪いわけではありませんが、ガツガツとプライベートに立ち入ってくるところが苦手です。社外の友達に相談しても、“意地悪されるよりマシじゃない ” と言われるのですが、私としてはもう少し距離を保ってほしいんです。でないと、どんどん嫌いになってしまいそうだし……。どうしたらわかってもらえるんでしょうか」

仕事上うまくやっていきたいと考えている相手に、感じよく思われるのはラッキーなこと。しかし、自分が思った以上に詰められてくると、そんなつもりじゃないのに、と思ってしまいますよね。大人になると、「勘違いされているんだな」ということはわかっても、ピシャリとシャットダウンすることがベストな方法ではないということも知っています。

さりげなく角を立てずに、自分が過ごしやすいように相手を変えていくというのは難しいところですが、だからこそ、どうすればいいのかを知りたいですよね。職場の良好なコミュニケーション術に詳しい、鈴木真理子さんに聞いてみましょう。

パワハラ環境を生む可能性も…

同僚、先輩、上司などなど、職場の人間関係に問題があって仕事が辛い、辞めたいという悩みは多いです。その多くは「仲良くない」というものですが、逆に「仲良すぎる」というのもご本人にとっては厳しい状況でしょう。

この場合、はた目からは、人間関係がうまくいっているように見えるというのが、もっとも杞憂すべき問題といえます。それは、相談者さんが自分の気持ちを押し殺してコントロールしているからこそ生まれるもので、このままの状態だと、相談者さんがどんどん苦しくなってしまいますね。当人にそういった意識がなくとも、自分より上の立場の人間から精神的苦痛を受けると言うのは、パワハラとなりえます。と言うと、先輩からしたら「せっかく後輩たちと仲良くしようとしているのに、ひどい」となってしまいますが、それが事実です。そして、相談者さんも、相手がそのように思うのではないか、と薄々感じているのではないでしょうか。

1 2