仕事&マネー コロナが完全に収まるまで出社したくないというのはワガママ?上司を説得する方法

働く堅実女子のためのビジネスで役立つマナー、今週は野津みか子さん(仮名・IT関連会社勤務・28歳)からの質問です。

「コロナの件で、うちの会社も自宅勤務と出勤が交互になっています。私は持病があるのでリモートワークを多めにしているのですが、上長がどうにも理解を示してくれません。基礎疾患があるので、3月から外食もしていませんし、真面目に仕事をしています。会社に行くのもコロナ対策のため、回数を極力減らしているだけ。

なのに「手を抜いている」「サボっている」と思われているようです。会社に行ったほうが、上司の覚えがいいのはわかります。でも自分のカラダは自分しか守れません。コロナが完全に収まるまでは本当にできるだけ人と会いたくないし外出したくないんです。どうやって上司を説得すればいいでしょうか?」

10月12日の15時時点の速報として、都内での新たな感染者数が78人と発表されました。確認数が100人を下回ったのは1週間ぶり。確実に減っているという実感はなく、女優の広瀬すずさん、俳優の阿部サダヲさん、中川大志さんなど、短いとはいえない自粛期間を経て万全を目指した環境下で働いている方々の感染が報じられると、どんなに感染防止策を講じても、人に会ったら感染は免れないという気にもなってしまいます。

リモートでもきちんと仕事をこなしていて、職場にもリモート環境がある。なのにそれが気持ちよく利用できないとなれば、仕事もつらくなってしまうばかりです。ではどうしたらいいのでしょうか。 コミュニケーション術に詳しい、鈴木真理子さんに聞いてみましょう。

上司の態度に萎縮してはダメ

その上司の人は「部下に出勤してほしい派」なのでしょう。管理はしやすいですし、ネットに明るくない人ほど、部下を集めて目の見えるところに置いておきたいものです。

しかし、それは感情論。 コロナ禍であってもなくても、自分の体調を鑑みながら働くというのは正しいことです。相談者さんが書いている通り、自分のカラダをいちばんわかって、大切にできるのはご自身です。ムリをして体を悪くしてしまったり、心を壊してしまうのは絶対に避けなければいけないところ。会社そのものにも、在宅勤務と出社の“ハイブリッドワーク”が導入されていて、それを利用しているだけなのですから、正々堂々としていてください。

また、その上司になぜ「サボっている」「手を抜いている」と思われていると思うのかはお手紙からはわかりませんが、もし、直接なんらかのことを言われているなら、まずは誤解を解きましょう。感情が高ぶってヒステリーになったり、泣いたりしたりしてはダメ。冷静に、真剣に仕事のプロセスや成果を上司に伝えて下さいね。それでも上司が理解してくれないのなら、パワハラの可能性もあります。

1 2