仕事&マネー さぼりまくる部下を注意したいけどパワハラ扱いされるのが怖い…、放置しておくべきですか?

働く堅実女子のためのビジネスで役立つマナー、今週は岡本芳美さん(仮名・広告会社勤務・36歳)からの質問です。

仕事をしない部下にイライラする…

「部下が本当に仕事をしなくて困っています。デスクに座っている時間も短く、目を離すと誰かと立ち話をしていたり、コンビニに食べ物や飲み物を買いに行っていたり。ただ、本人はもちろん、周囲からパワハラと言われるのが怖くて指導できないでいます。実は、その部下の同期が会社の愚痴をTwitterに書き込んで、問題になったことがあるんです。その男性は会社を辞めて、同業他社で仕事をしています。会社側も、あの世代にはびくびくしている感があるんですよね。私自身、何か書かれると怖いし……。トラブルに巻き込まれないためにも、放置を決め込むほうがいいいのでしょうか?」

30代も半ばをすぎると、教育も業務のひとつとなってきます。企業の規模や業種によっては、自分では直接手を動かさず、采配することがもっとも重要な仕事となるケースも。また、仕事ができる人ほど、「やる気がない人にいちいち教えるくらいなら自分でやったほうが早い」と思いがち。注意したことによって、相手がどう思い、どう感じるかがわからないと思うと、どう関わっていいのかわからなくなってしまうということもあるでしょう。

こういった場合、どうすればいいのか。ビジネスコミュニケーションに詳しい鈴木真理子さんに伺ってみましょう。

注意はパワハラではない

パワハラは受けたほうの感じ方によるところが大きく、「自分がパワハラ加害者になってしまったら……」という不安を感じる人もすくなくありません。しかし、「注意」が即パワハラになることはないのです。厚生省のパワハラのガイドラインにも、「適正な範囲の業務指示や指導(注意)についてはパワハラにあたりません」と明言されています。

例えば感情的になる、暴力をふるう、モノを投げる、壊すなどして威嚇する、などがあれば大問題ですが、 過剰に反応しすぎるのもよくないです。

上司が部下を指導するための注意は会社のためでもあるし、部下のためでもあるという基本を忘れないでください。ただ、ひとつだけ、心にとめて欲しいことがあります、それが、 「適正な範囲を超える」という言葉に「本人にとってできないことをやらされる」ということが含まれているということです。

1 2