仕事&マネー 現場に無理解な社長にイラッ!意見を聞き入れてもらえない上司への対処法は?

働く堅実女子のためのビジネスで役立つマナー、今週は東野佳代子さん(仮名・事務・33歳)からの質問です。

部下の説明を「言い訳」と一蹴する上司

「勤務先の社長がまったく現場のことがわかっておらず、トンチンカンなことを言うのに参っています。効率がよくなるという提案は机上の空論で、現場目線で聞いているとムダ中のムダ、ということが多過ぎるのです。でも、指示に従わないと“人の言うことを聞かない ” “ 生意気 ” と言われてしまいますし、言う通りにして案の定効率が悪くなると、“なんでこんなに進みが悪いんだ ” “なんでできないの?”と詰められます。

説明しても“言い訳”と言われ、やんわりと無視すると蒸し返されてイヤミを言われる……。まったく話が通じません。社長なのでさらにその上に言う、ということもできません。どうやって説得したらいいのでしょうか」

世代はもちろん、生き方が違えば「成功の法則」も違ってくるでしょう。しかし、現場で振り回されるほうはたまったものではありません。意見をくみ取ってもらえず、「思い付きを命令してくるだけ」だと、尊敬する気持ちも仕事へのモチベーションもどんどん下がっていってしまいます。こういったときにはどうしたらいいのでしょうか。鈴木真理子さんに伺ってみましょう。

上司のアイデアを超える提案を考えてみて

中小企業などでは、社員と社長との関係も緊密になりやすいといえます。信頼がおける関係が築ければ、居心地のよさにも業績アップにもつながりますが、中には会議で精神論を熱弁するだけ、思い付きのように業務に口を出してくるだけで、本人が何をしているのか、社員はまったくわからない、といった社長さんもいるようです。

また、たたき上げだったり、自ら起業して会社を育てた自負がある人の場合、社員の仕事のやり方が気になって仕方ないということもあるでしょう。ご自身に成功体験があるからこそ、もっと売り上げろ、人件費がかかっている、仕事が遅い、など言うのでしょうが、言われる側としては、ストレスにもなりますよね。

ただ、反発心を膨らませているだけでは、何も解決しませんし、相談者さん自身も、精神的にきつくなるばかりだと思います。

現場業務に精通しているのは、その社長さんではなく相談者さんであることはまぎれもない事実。その地の利を生かして、理路整然とムダなこと、効率化するアイデアを提言してみては? 相談者さんも本当は、社長の提案を超える、「もっといいやり方」を承知なのではないでしょうか。

相談者さんは社長は自尊心が高くて人の意見に耳を貸さない人と思っているようですが、そういうタイプほど「自分にもメリットがありそうだ」と思うと意外と乗ってきます。社長が何を求めているのか、心を柔軟にして考えてみてください。もしかしたら、効率アップ、業績アップの先の「会社の知名度を上げる」ことかもしれません。社長の言葉の表面を拾うのではなく、本心を探ってそこをダイレクトに突くと、山が動くかもしれませんよ。

1 2