仕事&マネー いつも親切にしてくれていた同僚を怒らせてしまった……どうすればいい?

働く堅実女子のためのビジネスで役立つマナー。今週は野戸さとみさん(仮名・メーカー勤務・33歳)からの質問です。

同僚を怒らせてしまった……

「いつも私の仕事をフォローしてくれる優秀な同僚がいます。先日も仕事のやり方がわからなくなり、彼女に教えてもらったのですが、つい“あ、そうか、わかった ” って言った途端、その言い方が気に障ったらしく、いきなり “ 毎日時間を割いて手伝っているのに、ありがとうのひと言ぐらいあってもいいんじゃない?なんなの? ” と怒り出しました。

私はびっくりしてしまって、 “ たまには言ってるよ ” と弁解したのですが、 “ いった言わないの問題じゃないんだよ。やってもらって当たり前っていう基本的な態度が問題なんだよ ” と強い口調で返されてしまい……、ショックでした。実際、もちろん感謝していないわけではありません。なのにそんな言い方しなくても、と思いました。

それ以来、挨拶しても無視されてしまいます。こちらが謝っているのにひどい態度を取られているのだから、関わらなければいいとも思うのですが、彼女に仕事を手伝ってもらえないと、どんどん忙しくなってしまうし……困っています。どうしたらいいでしょうか」

頼りにしていた同僚を自分の失言で怒らせてしまったという相談者さん。業務を滞りなく進めるためにも関係を修復したいと思う一方で、いつまでもひどい態度を取られることで、だんだんと相手への不満も出てきているようです。こういった場合、どのようにすればいいでしょうか。改善策を鈴木真理子さんに聞いてみましょう。

相手がどうして怒ったのかをまず考えて

相談者さんは、今回お礼を言わなかったために、その同僚の人を怒らせたと思っているようですが、本当にそうでしょうか。これまで長きに渡って溜まっていた相談者さんへのうっぷんが爆発したのではないかと感じました。

たとえ相談者さんに感謝の気持ちがあったとしても、それが相手にきちんと伝わっているでしょうか。「ありがとう」という言葉は重要ですが、それは最低限のマナーでしかありません。同僚の方が言うように、態度として「やってもらって当たり前」になってはいませんか? 

人それぞれ、能力には個人差があります。自分であれこれ調べてもただ時間が過ぎるだけ、優秀な人に的確に教えてもらったほうが、業務としても効率がいいということもあるでしょう。しかし、自分が捗るぶん、相手の人の時間を奪っていて、相手の効率を下げているということも自覚してほしいところです。

1 2