仕事&マネー 既婚社員から言われる「独身が羨ましい」発言をいなす方法は?

働く堅実女子のためのビジネスで役立つマナー。今週は戸口亮子さん(仮名・IT関連会社勤務・34歳)からの質問です。

「結婚を機に、正社員から時短の契約社員になった同僚が私に“独身って羨ましいよね~”“私だって自由が利くなら正社員をやめたくなかった ” と事あるごとに言ってくることに困っています。だったら離婚すれば?なんて言い返せるわけないですが、あまりにしつこくて……。

逆にこちらからも“結婚してて羨ましい”と言って欲しいのかな?と思ったりもするんですが、ちょっと悔しい気持ちもあって言いたくありません。こういう場合、どういなせばいいのか、なんといったらそういう話をしないようになってくれるのか教えて欲しいです」

結婚を退職や転職のタイミングにする人も多いですが、同じ会社で雇用形態を変えるという選択をする人も一定数います。環境の変化を最小限にしながら。結婚生活と仕事の両立も目指せる働き方といえますが、人間関係も微妙に変化するものですよね。既婚者から直接“独身はいいよね~”と言われた場合、どうかえすのがいいのでしょうか。鈴木真理子さんに教えてもらいましょう。

隣の芝生は“いつも”青い。働き方の違い問題には「関わらない」が吉

相談者さんの同僚の方は、結婚を手に入れたけれど、正社員という座を失ったといえる状況なのですね。もしかしたら、正社員のあなたを見ていて、羨ましくなったのかもしれません。 

おそらくですが、その同僚の人は「結婚」と「仕事」の両方を手に入れたかった人なのだと思います。そして、結婚して契約社員になる選択をしたけれど、いざ結婚してみてバラ色になるはずが、そうでもない現実に直面した……というところではないでしょうか。コロナ禍で、もともとの働き方とは違っているでしょうし、家庭のこと、仕事のこと、想定外のことも多いのではないかと思います。 正社員のままでもよかったのではないか、など、 契約社員という選択を後悔しているのかもしれません。

そのときあなたの働きぶりを見ていて羨ましくなって、同僚のよしみで思わず愚痴が出てきてしまっているだけ、という感じがします。これは、いわゆる「隣の芝生は青い」という状況ですよね。その同僚の人になくて相談者さんにあるもの(正社員)と、同僚の人にあって相談者さんにないもの(結婚)について、ネチネチ言ってきたとして、相談者さんには、なんの関係もないことですよね。うるさいなぁと感じるのは、とてもよくわかります。

次のページで対策をご紹介しましょう。

1 2