仕事&マネー 急に連絡がとれなくなるフリーランス……。どう対応すべきか困ってます

働く堅実女子のためのビジネスで役立つマナー。今週は波木あや乃さん(仮名・広告会社勤務・33歳)からの質問です。

「業務委託をしているフリーランスで、連絡が急につかなくなる人がいます。メールやビジネスチャットアプリはもちろん、電話にも出なくなってしまって。しつこく連絡していると、1週間後くらいに、“すみません ” の一言で、普通に何事もなかったかのように仕事の話をしてきたりします。

イライラしますが仕事もすすめなくてはいけないので、“心配しました ” くらいで収めてはいるのですが、私はなめられているのでは、としか思えません。相手にまったく響いていないのも腹がたちます。どのように言えば、ちゃんと連絡をしてくるようになるのでしょうか。基本的には期待はしていないし、他に同じ仕事が出来る人が見つかるまでの辛抱と思ってはいますが、それまでの間だけでも気持ちよく仕事をしたいです 」

仕事中、探し物をする時間の次に長いのが、催促の連絡だったり……。

リモートワークが長引き、「顔が見えない状態」で働くことがベーシックになりつつある今、「“連絡がつかない人を追いかける ” という時間が増えた」という声も増えています。気持ちのゆるみなのか「バッファをとった締め切りすら守らなくなってきている」という人も。スケジュールは、自分ひとりのものではないという、仕事上の基本ルールを守れなくなっている人はなかなかやっかいですよね。

そういった人と、どのようにコミュニケーションをとって仕事をしていけばいいのでしょうか。ビジネスコミュニケーションに詳しい鈴木真理子さんに教えてもらいましょう。

上司に現状と要望を伝えよう

そもそも業務委託というのは、社内のマンパワーの補充であり、その存在は、「業務の効率を上げる」ためですよね。それができないのであれば、その業務の担当を変えるしか選択肢はないように思います。

当人と一対一でなんとかしようという気持ちはいったん捨ててください。働かない人を働かせるというのは、とても難しいことです。 仕事そのもののイロハを知らない新入社員に、業務手順やビジネスマナーを教えるのならまだしも、すでに「完成している人」の仕事のやり方や考え方を変えるというのは至難の業。その人は「それで今までやってきた」という実績と自負があるわけですから、相談者さんに何か言われたからといって、すぐに変わるとは思えません。ただ、不愉快な気持ちになるだけでしょう。

しかし、その人のせいで相談者さんの仕事の効率が下がっている。これも会社としては問題でしょう。担当している仕事がうまくいかなければ、 相談者さん自体の評価も下がってしまいます。その人と連帯責任を負う覚悟がないのであれば、一刻も早く上司に状況を説明しましょう。そして、正直に「自分には手に余る」と伝えてみてはいかがでしょうか。

おそらく上司は、その人の仕事ぶりを観察してから1対1で面談なり指導なりをするでしょう。上司は本人に「どうして納期に遅れたり連絡がつかなくなるのかな」と理由を聞くと思います。

もしかしたら心身の不調やご家族の看病や介護などの理由も考えられますから、相手の話を聞くことも大切ですね。ただの怠慢で上司に忠告されたのだとしたら、その人は仕事ぶりを改善するかもしれません。ここは上司に任せましょう。

1 2