仕事&マネー 昇格したけれど、年上の部下を叱れない……どうしたらいい?

働く堅実女子のためのビジネスで役立つマナー。今週は島田絵里さん(仮名・IT関連会社勤務・33歳)からの質問です。

「仕事が好きで一所懸命やっていたら、主任の肩書がつきました。それは嬉しいことなのですが、同僚だけでなく、年上の先輩も部下となってしまいました。指示を出すのもドキドキしてしまうし、ミスされたときに注意するのも本当に苦手で……。すごくやりにくいんです。このままだと次の昇格は難しいと思うし、もはや平社員に戻してほしいと思うくらい悩んでいます。どうしたらいいでしょうか」

仕事は楽しい。でも、責任ある肩書きはしんどい……

日本企業でも、従来の年功序列が崩れつつあると言われています。新進のIT企業はもちろんのこと、様々な企業でも今は実力がある人、能力が高い人がどんどん昇格していくというケースも多いでしょう。それにともない、お給料がアップする、さらにやりがいのある仕事に抜擢されるというというのはメリットといえますが、周囲と足並みが揃わずに、ひとりだけ抜き出てしまうと、人間関係に悩んでしまうということも……。こういった場合、どうしたらいいのでしょうか。鈴木真理子さんに聞いてみましょう。

遠慮しすぎないことが重要

努力が正当に認められ、昇格できるというのは、よい会社にお勤めだと思います。ぜひさらなる飛躍をしてほしいところ。でも、相談者さん自身は、ちょっと困ってしまっているのですね。

昇格するにつれ、人材育成も必須業務となってきます。自分が任された業務だけやっていればいい、という状況から一段階アップして、「全体を見る」という役割も出てきますよね。もう「一担当者」ではないのですから、「なんでも自分でやってしまえばいい」というところから卒業して、指示を出すなど、采配を振るっていかなければなりません。

指示を出すのは仕事のうち。基本姿勢としては「個人の感情を持ち出さず、遠慮しすぎないこと」です。これまで、相談者さんが「仕事」としてやってきたことと同じように、粛々と進めていきましょう。

注意だってときには必要です。「注意」というと上から目線と感じてしまうなら、「ミスの指摘」と捉えてみてはいかがでしょうか。 指導する、叱責する、といった感情をもたずに接すれば、「注意」ではなく「指摘」となります。「何度も言ったように」「繰り返しになりますが」といったイヤミに聞こえるようなことは言わずに、フラットに業務の効率化を目指してください。

たとえ相手が先輩であっても、ミスはミス。事実を伝える必要があります。1回目はドキドキするかもしれません。でも、回を重ねるうちに自然と言えるようになってくると思います。

1 2