仕事&マネー 取引先の人から毎日“俺通信”LINEが……角を立てずに関係を断つには?

働く堅実女子のためのビジネスで役立つマナー。今週は三上純奈さん(仮名・メーカー勤務・33歳)からの質問です。

「便利なこともあって、仕事関係者とLINEを使ってやりとりをしています。それを知った取引先の人から“僕にもLINEアカウントを教えて ” と言われ、断る理由が見つからなくてお伝えしました。

そうしたら、朝晩、 “おはよう” と “おやすみ ” の挨拶と、日々散歩したときに撮った花の画像とか、 “ 今日〇〇の試験合格の連絡がきました!” とか、 “人事面接が終わりました!” などの報告がやたらと届くようになってしまって……。最初は短く返信していたのですが、いちいち返事をするのが面倒になってしまいました。業務関係のこともLINEで届くので、ブロックするわけにもいかないですし。角を立てずに、朝晩の挨拶や自分通信をやめてもらうにはどうしたらいいんでしょうか 」

メールのようにお名前を入れたり、時候の挨拶なども必要なく、既読、未読も確認でき、必要あればすぐに無料で通話ができる、グループLINEで共有も簡単、と、スピーディーなやりとりが可能なLINEを日常的にビジネスで使っている人も増えました。

ただ一方で、仕事の人間関係がプライベートを侵食するという事件も起こっています。その相手が、得意先や目上の立場の場合、感情だけで行動すると、業務に支障も出るかもしれない、相手を怒らせてしまうのでは、などと考えてしまいがちです。好感度を維持したまま「ビジネスライク」を成立させるにはどうしたらいいのでしょうか。鈴木真理子さんに聞いてみましょう。

LINEも適度な距離感を保ってほしい……

個人的なやりとりは「しない」に限る

コロナ禍、リモートワークの広がりもあってプライベートと仕事の境目がゆるくなってしまうという状況はあると思います。本来なら、すでに業務のチームでLINEグループが立ち上がっているなど、どうしてもLINEで繋がらなければならない状況でなければ、例えば、「情報が散らばってしまうとミスが増えてしまいそうなので、〇〇さんとのやりとりはメールでさせていただけたら大変嬉しいです」などと、冷静に、笑顔でお断りしたかったところです。個人的なやりとりをしなければ、無用なトラブルのほとんどが避けられますからね。

とはいえ、それはもう過ぎてしまったこと。また、相談者さんのように、あとから「まさか、こんなことになるとは……」という状況になるケースも少なくないでしょう。では、どうしたらいいのでしょうか。

まず、そういった、自分通信的なメッセージが相談者さんだけにくるのか、それとも、その相手の方は誰にでも送るタイプの方なのか、というところで対応が変わってくると思います。

自分だけに個人的なLINEが来る場合には……

現状では、相手の方がどのような意図でLINEをしてくるのかわかっていないのだと思います。当人は、ある意味「よかれと思って」送ってきているのかもしれませんね。ビジネスでもっとも大切なのが「秘密にしないこと」です。上司なり、同じチームの人なり、関係者に共有してみてください。

そして、自分にだけ送ってきているということがわかったら、以下のような文面を、会社のメールからご連絡してみてください。

例)
〇〇さま

いつも大変お世話になっております。

折り入ってご相談があるのですが、コンプライアンスの観点から、社外の方と個人的にやりとりをしてはならないとの通達がありました。
〇〇さまにご迷惑をおかけしては申し訳ありませんので、今後はLINEのやりとりではなく、こちらの会社のアドレスにメールいただけますと幸いです。

なにとぞよろしくお願いいたします。

そして、以降、LINEで連絡を取らないと決めたのであれば、ブロックしてしまっても問題ないと思います。基本的な常識を持ち合わせている社会人であれば、それで解決すると思います。

万が一、相手が相談者さんに対して嫌がらせなどをしてきたとしても、すでに上司やチーム内で共有していれば、相談もできますし、守ってくれるはずです。

1 2