仕事&マネー 【決定版】ビジネス年賀状 絶対に気をつけるべきマナー

年賀状

とりあえず出しときゃいい、ってわけにもいかないのがビジネス年賀状なのです

A子「元旦に確実に届く年賀状の受付期間の締め切りが迫ってきましたよ」
B美「まぁ、ビジネス年賀状の場合は、年明けの相手の出勤日までに届いていればいいわけですけど、ちらりと焦りますわね」
A子「12月25日の受付期間の締め切りを逃すと、1月7日ごろに届くこともあるからそれはちょっとまずいのよ」
B美「えー! まじすか」
A子「焦って出すと思わぬミスを招くというのは仕事と同じ、ということで、今回は、堅実女子の“これだけは!”シリーズとして、ビジネス年賀状を出すときに絶対見逃しちゃいけないポイントについて、鈴木先生に教えていただきます」
B「ビジネス年賀状マナーの決定版です! 刮目してね♪」

☆☆☆

ふたりのプロフィール

A子 商社勤務 35歳 O型 ドラマ『コウノドリ』を見て毎週号泣。近い将来、子供の写真年賀状を送れる人間になりたいと切に思うが、その前に結婚だ。まずは、一緒に親になってくれる相手を見つけないと。
B美 商社勤務 29歳 AB型 最終回まで楽しみにしていたドラマ『下町ロケット』で、佃航平の娘、利菜の帝国重工入社は縁故なのかどうかが未だもやもやしてしょうがないが、これはあまり年賀状には関係ない。

☆☆☆

年賀状準備はビジネス年賀状を優先に進めよう

今月、連続してビジネス年賀状をテーマに女子マナーについてご紹介してきましたが、なにかと気忙しい時期。忘年会やクリスマスの計画、大掃除、溜まっていく仕事……と、年賀状に手を付けられていない人もいることでしょう。
堅実女子の皆さんとしては、ビジネス、プライベートいずれの年賀状も、なんとか元旦に届けたいと思っていることでしょう。
もし枚数が多ければ、一度にやっつけようと思わずに、まずは仕事関係者を先に仕上げてポストに投函してしまいましょう。友達や家族・親戚はその後で。遅くなっても許してもらえる相手は後回しにしてOKです。

でも、ビジネス状の相手には、焦って失礼があってはいけません。絶対に気をつけるべき年賀状のマナーをいくつかお伝えします。

 ▶▶▶見直し必須! ありがちなビジネス年賀状のNG

1 2