仕事&マネー コロナ禍転職した先で、先輩社員から服装チェックが……聞き入れるべき?

働く堅実女子のためのビジネスで役立つマナー。今週は佐々木恵美さん(仮名・金融関連会社勤務・33歳)からの質問です。

「 コロナ禍で仕事がなくなり、転職しました。新しい職場で素足にパンプスを履いていたら、私より年上の女性社員から“非常識じゃない? ” と指摘されてしまいました。前の職場でも履いていなかったのですが、言われたことがなかったし、正直、驚いてしまいました。

実際、職場の服装規定には、ストッキングの着用義務は入っていません。湿度が高く、暑いこの時期はストッキングを履いているとムシムシするし、そもそもストッキングが苦手でできれば履きたくありません。ただ、入ったばかりですし、その人と仲が悪くなるのも困るし……。どうしたらいいでしょうか 」

蒸し蒸し、じっとりと暑い季節。毎日過ごすだけでもツラい……という人も多いのではないでしょうか。ストッキングの締め付けや素材感が肌に合わないとなればなおさらです。気持ちも服装も窮屈な思いをしていれば、業務にも集中できませんよね。

とはいえ、先輩から指摘されれば気になるところ。おとなしく従ったほうが角は立ちませんが、それもちょっと違うような……。こういう場合、どうすばいいのでしょうか。鈴木真理子さんに伺ってみましょう。

脚をきれいに見せてくれる効果は捨てがたいけれども、「履かないのは非常識」と言われるともやもや……。

規約になければ問題なし

まずは、転職おめでとうございます。コロナ禍、社会にも大きな変化があり、大変な思いをされたことでしょう。そんな中、前向きに自分の人生を切り開いていった相談者さんは、すばらしいと思います。ぜひとも、新天地でご活躍してくださいね。

さて。今回のご相談ですが、 スカートが短かすぎる、胸元が開きすぎる、派手すぎる、メイクが濃すぎるなどなど、 社内にまるで風紀委員のように、新人の服装やメイクをチェックする人がいるというのは、比較的よく聞く話です。しかし、規約になければ基本的には問題ありません。

確かに、裸足で料亭の畳を歩くのは非常識だ、とか人さまの家に上がるときに生足は失礼といった考えがあり、生足なら靴下を持参しましょう、といった暗黙の了解もありました。それくらい、生足は文字通り生々しさがあるので、きちんとした場にはそぐわないという考えがあったのです。なので、店頭に立つ人など、接客業務にのみストッキング着用を義務づけている会社もあります。

1 2