仕事&マネー 【堅実女子のマネー術】貧困女子にならないための、堅実女子の支出術

堅実女子の支出術

今日一日、自分がいくら使ったか、きちんと把握できていますか?

A子「女子マナー診断の今月のテーマは貧困女子にならないためのマネー術です。第2回は支出術!」
B美「支出にも術があるんですねー」
A子「あるんですねー。お金との賢い付き合い方、すなわち支出との付き合い方。どう使うかだけじゃなく、その後のことまで視野に入れた支出術について、鈴木真理子先生にみっちり教えていただきます」
B美「それでは鈴木先生、よろしくお願いいたします☆」

☆☆☆

ふたりのプロフィール

A子 商社勤務 O型 35歳 最多の支出はネットショッピング。欲しいものがなくても夜な夜なショッピングサイトを回遊し、1日1回はポチっとしてしまう。
B美 商社勤務 AB型 29歳 最多の支出はカフェお茶。自宅最寄り駅のカフェでお茶するのが日課。今年、ぜひ止めたい習慣のひとつ。

 ☆☆☆

前回、お金の整理法として、支出を「消費」「浪費」「投資」の3つに分類することをおススメしました。
お財布から出ていったお金を振り返ることで、本当に必要だったか、どんな効果があるのかを冷静に考える習慣を身につけるためです。

繰り返しになりますが、
「消費」(収入の70%)は生活するための必要経費
「投資」(収入の25%)は将来のための支度金
「浪費」(収入の5%)は結果的に低い心の満足度しか得られなかったもの
です。
つまり、「浪費」は「消費」と「投資」の中にあり、5%内であれば健全なお金の使い方ができているということ。

「買わなきゃよかった……」「しなきゃよかった……」という後悔の気持ちも、反省できればあなたの金銭感覚を鍛える大切なもののひとつになります。ナーバスになりすぎると生活に潤いがなくなり、はつらつとした気持ちで仕事ができません。節約や禁欲的な生活がストレスになるのも仕事への悪影響を及ぼしますので、割り切る気持ちも大切です。

 ▶▶▶日々の生活の中で賢く節約するコツ3つ

1 2