仕事&マネー 一緒に働いている同僚にずっと無視される…病みそうです

働く女性のためのビジネスで役立つマナー。今週は戸田好美さん(仮名・IT関連会勤・30歳)からの質問です。

「 一緒に働いている同僚に無視されています。ふたりで移動しているときに、私が話しかけても無視するし、私がちょっとミスをすると、舌打ちしたり、“間違ってるじゃん! ” と大きな声で責めてきたりします。上司に言っても “ うまくやってよ ” と言われるばかりで…。共通の友達に相談したら、その子が本人にそのことを言ってしまって、ますます無視と責めがひどくなっています。

彼女のプライベートでいやなことがあったり、給与が安かったりといった不満を私にぶつけているような気がしています。私はできるだけ普通に接するようにしていますが、今日も無視されたり、罵倒されたりするのかなと思うと、仕事に行くのがしんどいです。もう、辞めるしかないのでしょうか 」

社会人の生活の大部分を占める「仕事」。ボリュームが大きいだけに、そこでの人間関係が悪いと、「人生全部がうまくいかない」という気分になってしまいます。毎日顔を合わせ、会話を避けることもできない同僚とソリが合わずツラい…という場合、どうしたらいいのでしょうか。鈴木真理子さんに聞いてみましょう。

「相手と仲良くなろう」という気持ちをいったん抑えてみる

ご相談ありがとうごさいます。ツラい状況ですよね。毎日、仕事に行くのがしんどい、そう思っても、今はきちんとお仕事をされているのでしょう。本当に立派だと思います。真面目で、責任感がある人なのだと思います。

相談者さんは、もともとの性格が優しくて、協調性がある人なのだと思います。だから、せっかく一緒に仕事をしているんだから、どうせ仕事をするなら、みんなで気持ちよくやろう、と思って、同僚の方にも必死にはたらきかけているのですよね。そのほうが、相手の人も楽しく仕事をできるのではと思っているのではないでしょうか。

しかし、おそらくですが、相手にはその気持ちがないのではないかと思います。自分の負の感情のままに当たり散らすことですっきりする、という人も、一定数いるのです。そして、優しい人は、そのターゲットにされやすいのです。

相手のプライベートが安定する、あるいはお給料が上がるなど、相談者さんが考える「理由」が解決すれば別ですが、 “それはよくないことだよ”“どうしてそういうことをするの?”と問いかけたとしても、相談者さんのために反省して態度を改めるということは難しいと思います。「不満を当たり散らすのが気持いい」という人は、当たり散らせる場所を探してしまうものなのです。一方、相談者さんは、受け止めてしまう人。そして、傷ついてしまうのですよね。

これはもう、「この人と私は合わないんだ」と思うしかありません。そして、世の中に 「 合わない人」がいても、ぜんぜんいいんだ、それは普通なことなんだ、というふうに考えてみてください。誰とでも仲良くできる、愛されるのが相談者さんの身上で、今までに出会ったことのないタイプだったかもしれません。でも、それは、たまたまラッキーだっただけ。「合わない人」というのはいるのです。そして、「合わない人」とムリに仲良くなる必要もないんですよ。

具体的な方法をお伝えします。

1 2