仕事&マネー 今年のバレンタインは日曜日ですが…。社内の義理チョコ配りはしなくてOK? 

 

渡すときは全員で渡す

 

みんなでおまとめした場合、上司にチョコレートを渡すときには、代表者が「部下全員から、日頃の感謝の気持ちです」と言って、全員で一緒に渡すのがマナーです。
同僚や後輩くんなら、付箋にメモ書きをして机に置くだけでもOK。そのときは、贈った人全員の名前を書いておきましょう。ホワイトデーに誰に返していいか、ひと目でわかるようにしたほうが親切だからです。

 

女性上司にも贈る

 

繰り返しになりますが、オフィスのバレンタインデーは、コミュニケーションの一環です。日頃お世話になっている方へのお礼、という意味で、女性の上司や先輩にもぜひ贈ってみてください。喜ばれること受け合いです。

 

個別に渡すときは、誰もいない場所で

 

みんなでおまとめすることが叶わず、個別に渡すことになった場合は、誰もいない場所でこっそり渡すのがマナーです。義理チョコは贈らないと決めている人だって、あなたが誰かに渡しているのを見れば、肩身が狭い思いをします。あなたにしても、渡す人と渡さない人がいるはずです。「あの人にはあげるのに自分にはくれないんだ……」などと思われるのもやっかい。目立たず、スマートに贈りましょう。

 

☆☆☆

B美「わぁぁぁ……。やっぱりめんどくせー」
A子「そういうこと言わないの」
B美「とにかく500円、渡しますんであとのことはよろしくお願いしまっす」
A子「いやそれ、普通、後輩がやるんじゃないの?」
B美「だって私、チョコレートわかんないですもん」
A子「つーか、女性の先輩にもぜひ贈ってみてください。喜ばれますって鈴木先生が言ってますけど」
B美「もちろん、先輩も好きなの買っていいですよ!」
A子「そういうことじゃなーーーーい!」
B美「今日はここまで! 来週もお楽しみにー」

1 2

賢人プロフィール

女子マナーの賢人鈴木真理子

三井海上(現・三井住友海上)退職後、“伝える”“話す”“書く”能力を磨き、ビジネスコミュニケーションのインストラクターとして独立。セミナー、企業研修などで3万人以上に指導を行う。著書は『ズルいほど幸せな女になる40のワザ』(宝島社)のほか、近著『仕事のミスが激減する「手帳」「メモ」「ノート」術』(明日香出版社)、『絶対にミスをしない人の仕事のワザ』は7万部を超えるヒットとなる。 

(株)ヴィタミンMサイトhttp://www.vitaminm.jp/