仕事&マネー 営業職じゃなくっても「あるある」! 社内ノルマで知人に営業メールを出さなきゃ、なときのマナーと人間関係を壊さない断り方

73f0bdbf8dbcf3b21bb9fd3e9ddf5129_s

起業女子も必読! 相手をうんざりさせない営業メールの書き方教えます♪

A子「みなさまこんにちは。本日の女子マナー講座は、働き女子から届いた1通のメールにお答えしたいと思います」
B美「東京都にお住まいの35歳、PR会社にお勤めのC美さんからいただきました」

 ――先日、どこで私のメールアドレスを知ったのか、知らない方からこんなメールが届きました。

「はじめまして。○○会社の××と申します。御社とPRやタイアップなどでパートナーを組ませていただけないかと思い、ご連絡いたしました。つきましては、お時間ありますときに、お電話いただけますでしょうか。どうぞよろしくお願いいたします」

以上、ほぼ全文です。なぜ、私から電話をしなければいけないのか、とても失礼に感じたのですが、マナーとしてはどうなのでしょうか。弊社にはよくこのようなメールが届くのですが、どのように対応したらよいのでしょう。鈴木先生にぜひ教えていただけたら嬉しいです--C美

B美「C美さん、これ、私も失礼だと思います!」
A子「B美ちゃんにも発言権はありますが、鈴木先生にも聞いてみましょうね。それでは、よろしくお願いいたします」

…………………

 ふたりのプロフィール

A子 商社勤務 35歳 O型 20代で結婚して専業主婦になった学生時代の友達が、こぞって資格をひっさげて料理教室やポーセラーツサロンを始めだした。そのお付き合いがちょっと苦手。
B美 商社勤務 29歳 AB型 友人、知人にフリーランス&起業女子が増え、方々から自己啓発セミナーに誘われたりパワーストーンを売りつけられたりするのが悩みの種。

…………

C美さんが受け取ったメールのように、短いながら自己紹介もあり、メールを出した目的も書いてあり、しかも丁寧な文体が使われていれば、一見、失礼がないように見えます。でも、これはマナー違反といえます。

まずは「突然」を詫びる挨拶文を書くべし

いきなりの営業メールには、「突然のメールで失礼いたします」という挨拶文が必要です。続けて、メールを受け取った相手の個人情報流出の不安を解消させるために「●●社の××様よりご連絡先を伺い~」など、どこでメールアドレスを手に入れたかのを説明する一文を添えます。自己紹介、メールの目的を書くのはそのあとです。

自己紹介は●●社の××、でかまいませんが、会社がどんな業種で、あなたがどのような仕事をしているのかを書く必要があります。あくまでも「自分(弊社)にはお役に立てること」があり、「あなた(御社)にこんな風に利用してもらい、問題解決に役立ててほしい」という、相手目線になって文章を構成することです。
たとえば、●●というサービスを開発したのでぜひ使ってほしい、販促期間中なのでぜひ買ってほしい、というのは自分目線。相手は「お前の都合にこちらを利用するな」と不快に思ってしまいます。

1 2 3