仕事&マネー 同僚のLINEグループで社員の悪口が飛び交う…。加担したくないけど仲間外れも嫌。どうしたらいい?

働く女性のためのビジネスで役立つマナー。今週は 戸口夏恵さん(仮名・メーカー勤務・34歳)からの質問です。

「会社の同僚5人のグループLINEがあるんですが、そこで時折、社員や上司の悪口がはじまることがあります。自分が知らない人の場合には、“へえ、そうなんだ ” と流せるのですが、知っている人のときに、激しく“そう思うよね? ” と詰められてしまい困っています。

正直、そういうところもあるよなーと思うこともあります。でも、悪口ととらえられるところに加担したくありません。とはいえ、同僚たちに“付き合いが悪い ” みたいに思われるのもイヤだし…。そういう場合、同僚に角を立てずに、どうやって“悪口は言いたくない” ということを伝えたらいいでしょうか?」

仕事仲間とのコミュニケーションとして、LINEグループを利用している人も多いです。同じ会社で働いているからこその悩みの相談や、ちょっとした愚痴を聞いてもらえる場になる一方で、噂話の温床になるケースも。利用を止めるまではしたくないけれど、社内の悪口が飛び交っているときには中立でいたい…こういうときにはどうしたらいいでしょうか。鈴木真理子さんに聞いてみましょう。

LINEの悪口は「残る」ことを念頭に

ご相談ありがとうございます。最近では、スピード感を理由に、LINEを業務に使うケースも増えていますよね。でも、今回の場合は、利用者は社内関係者であっても、トークの内容は基本的に雑談。悪口が多いようであれば、トークに参加するペースを減らしていけばよいと思います。

そのためには、まずは、頻繁に開かないようにしてみることです。端末によっては、LINEアプリを開かずに、内容の一部がわかるようにも設定できますよね。悪口が続くようであればしばらく放置して、別の話題になったら参加する、というのでもよいと思います。

相談者さんは、激しく同意を求められる、と書かれていますが、肯定しただけで、「〇〇さんが言っていた」みたいな話にもなりかねません。スクショが出回る可能性だってあります。関わりたくない、と思うなら加担しないのは正解です。

1 2