仕事&マネー 同僚のグループLINEでの「かわいこぶりっこ」にイライラ…。この気持ちはどう抑えればいい?

働く女性のためのビジネスで役立つマナー。今週は 渡口玲奈さん(仮名・メーカー勤務・33歳)からの質問です。

「仕事でグループLINEを使っています。その中のひとつに同期のグループがあるんですが、相談ごとや頼み事をしてくるときに、いちいち“ごめん ” のスタンプを連打してきたり、キュンとしたスタンプで “ よろしくお願いします ” と送ってくる女性がいます。

そうされてしまえば、こちらとしては“お安い御用だよ”とか“気にしないで”など、返信しなければいけません。でも、なんだか感謝されていない感じもするし、かわいこぶっているような気がしてイラっとします。このイライラ、どう収めればいいでしょうか」

LINEグループは便利なこともあり、仕事で使っていると頻繁なやりとりが発生するケースも多いです。気楽にモノを頼める、なんてこともあるでしょう。しかし、頼むときは“ありがたい”と思うものの、頼まれてばかりだと、割り込み業務をされているような気もしてなんだかもやもや…。また、個人同士のやりとりとも違い、 グループに入っている人の目もあって、 つい、“カッコつけてしまう”なんてことも。

職場の人に対して、地味に負の感情が湧いてしまう…というときには、どのようにしたらいいのでしょうか。鈴木真理子さんに伺ってみましょう。

LINEグループでの過剰コミュ力にもやもや…

イライラの原因を追究してみよう

ご相談ありがとうございます。「ささやかなこと」と自覚していても、それが続けば気持ちの負担になりますよね。なんだか引っかかってしまって、仕事に集中できない、ということもあるかもしれません。自分のためにも、業務のためにも、スッキリとした気分でいたいものです。

まず、なぜ自分がイライラしてしまうのか、その原因を突き詰めてみてください。「かわいこぶりっこ」しているから、と書いていただいていますが、どうして、その同僚さんが“かわいこぶっている” とイライラしてしまうのでしょうか。

相談者さんが「仕事はもっとクールに進めるべき」という信条をもっているのでしょうか?「同僚は自分に頼み事をするときに感謝が足りない、実感が得られる感謝をしてほしい」と思っているのでしょうか?または「頼み事をしてくるときだけ甘えてこられるのがイヤ、頼まれると断れない自分がイヤ」という気持ちがあるでしょうか。

「かわいこぶりっこ」をしているからイライラする、というのは、表層的なものです。その深くにあるイライラの原因がわかれば、解決法がみえてきますよ。

ビジネスシーンでのセルフブランディングも大切

頼み事や相談事をされるときに、上から目線でされれば、それはそれで腹が立つのだと思います。受け止める側も、手を差し伸べてあげたいという気持ちにはならないでしょう。それを考えれば、LINEのコメントやスタンプで「かわいくふるまう」というのは、コミュニケーションを円滑に進める役割を果たしているといえます。相談者さんも、結果的には、相手の要望に応えてあげているわけですものね。その方法が、ご自身で「アリ」だと思えるなら、同じようにしてみるというのも、不要なイライラの解消になると思います。

しかし、全員が全員「かわいい頼み方」を評価するわけではなく、人にはいろんな魅力がありますよね。逆に、ご自身の姉御肌的なキャラを突き詰めていってもいいと思います。ご自身で納得できる 「自分の仕事でのキャラクター」を確立できれば、もやもやしたり、イライラしたりすることはなくなると思います。

ビジネスでのLINE利用は効率化が求められる

自分をどうブランディングするかはお任せしますが、そもそも、LINEもビジネスで使っていれば、効率化が求められるものです。まずは、文章がわかりやすいことがもっとも重要です。

結論が先に書かれているか、敬語がていねいすぎないか、といったところの見直しはしっかりしたいものですね。

【お知らせ】ニュースアプリ「SmartNews」に「Suits womanチャンネル」が登場!記事をサクサク読めます

賢人のまとめ

まずは、イライラの原因を深堀りしてみましょう。そして、相手を変えるのではなく、自分をどう変えるかを考えてみてください。

賢人プロフィール

女子マナーの賢人鈴木真理子

三井海上(現・三井住友海上)退職後、“伝える”“話す”“書く”能力を磨き、ビジネスコミュニケーションのインストラクターとして独立。セミナー、企業研修などで3万人以上に指導を行う。著書は『ズルいほど幸せな女になる40のワザ』(宝島社)のほか、近著『仕事のミスが激減する「手帳」「メモ」「ノート」術』(明日香出版社)、『絶対にミスをしない人の仕事のワザ』は7万部を超えるヒットとなる。 

(株)ヴィタミンMサイトhttp://www.vitaminm.jp/