仕事&マネー 夏休みとは勝手が違う!? 大型連休の社内のお土産は買わなくていいってホント?

outdoor portrait of young beautiful blonde woman hitchhiker sitting on the roadside and opening suitcase

楽しい旅の帰りのスーツケースが他人のお土産で毎回パンパンというのも、ちょっと辛いですよね……。


大型連休目前。働く女性が気になるのが「旅行に出かけたら社内へお土産はやっぱり買わないといけないのか……?」ということ。女子マナー診断を担当してくださっている鈴木真理子先生から以前、「働く女性としての夏休みの社内のお土産は、最高2000円程度を目安に日持ちするお菓子を買うのがベストマナー」と教えていただきましたが、さて、大型連休は?

☆☆☆

GWの社内のお土産は「必須」ではない

 

夏季休暇と大型連休を比較するとき、大きく違う点がふたつあります。

ひとつは、その休みが有給休暇かどうか、ということです。

夏季休暇は、一部の大手メーカーなど、全社員一斉に「会社の休業日」として取得させる企業もありますが、基本的に社員の有給休暇です。
しかし、4月から5月にかけての大型連休は、たまたま土日と祝日が連続するだけで、基本的な会社の休日です。

また夏季休暇は、ほとんどの会社が抱えている仕事の状況に応じて、決められた期間内ではあるものの、個々に夏季休暇を取得させています。一方、大型連休は、全員で一斉にお休みする。

もちろん、有給休暇取得は会社員の権利ではありますが、自分が休むことによって、チームのメンバーに少なからず迷惑がかかります。だから、夏季休暇のあとは感謝の気持ちを込めたお土産が必要なのですが、大型連休はこれにはあてはまりません。
つまり、もし連休にどこかへ出かけたとしても、社内の方へのお土産は「必須」ではありません。たとえ、お土産を購入しなくてもマナー違反にはなりませんし、“会社の人になんてどうしても買いたくない”……という人も、重荷に感じる必要はないのです。

1 2