仕事&マネー 【ビジネス女子マナーQ&A】冬のブーツ通勤はOKですか?

本日の質問は、IT関連会社に勤める坂本綾子さん(仮名・31歳)から。
「この春に広告会社から今の会社に転職しました。クリエイティブ部門もあり、デザイナーはどは夏はTシャツに短パンというスタイルで通勤する人もいる、比較的服装が自由な社風です。私はシステム関係の部署にいて、基本的に内勤です。この場合、ブーツでの通勤はマナーとしてはどうなんでしょうか。ちなみに、弊社はフリーアドレスを導入していて、個人の所有物は高さ50cm×幅30cmのロッカーにしか入れられません」

 

さっそく鈴木真理子先生に伺ってみましょう。

☆☆☆

ブーツ通勤はOK。でも「オフィスでブーツ」はマナー違反

これから寒くなる季節。ブーツで通勤したくなることもあるでしょう。通勤中はブーツを履いても問題ありません。ただし、仕事中にブーツで過ごすのはマナーとしてよろしくありません。オフィスに着いたら履き替えるべきです。もしロッカーがなく置き場所に困れば、デスクの下に保管します。ロングブーツの場合、クタっと倒れると見た目にもよろしくないので、消臭剤入りのブーツスタンドなどを入れ、立てておくのがエレガントですよ。

ただし、坂本さんのように、フリーアドレスでブーツを置いておく場所が確保できない人は、ブーツ通勤は難しいでしょう。書類なども入っているであろう個人用ロッカーにブーツを入れるのも考え物です。
どうしてもブーツ通勤したいのなら、会社の最寄りの駅などのロッカーを利用するなどするしかありません。でも、その必要があるでしょうか。防寒対策でブーツを、と考えているのであれば、パンツスタイルにタイツを合わせるほうが現実的だと思います。

 

オフィスの基本靴は太ヒールパンプス

銀行に行ったり、飛行機に乗ったり、ホテルにチェックインした時を思い出してみてください。スタッフの方は制服を着て、足元は黒いパンプスを履いていますよね? かかとはピンヒールでなく、3~5cmで安定感のあるヒールです。仕事をするスタイルの足元は、それが正式なのです。接客をする人、社外の人を案内したりする人は、相手に失礼を感じさせないためにも、社内ではパンプスを履きましょう。また、他社を訪問する場合にも、ブーツはダメです。家から直接出向く場合は、パンプスで出かけましょう。色は黒・茶・紺を中心に選べば問題ありません。

1 2