仕事&マネー 【ビジネス女子マナー】オフィスのストッキングとタイツ着用にマナーはある?

私服勤務なら黒タイツもOK

私服の場合、服装が華美でなければ、黒色のタイツで問題ありません。80デニールだとかなり厚手になり、温かさは抜群です。ただし、暖房の効いたオフィスでは暑すぎるかも……。通勤とオフィスで使い分けるとよいでしょう。

NG色柄は?

基本は黒、ネイビー、グレー、モカブラウンなど、ダーク柄の無地。よーく見るとリブ柄、程度なら許容範囲ですが、凝ったデザイン、柄は避けたほうがよいでしょう。
もちろん、業種にもよりますよね。アパレルやPR、広告系の会社の場合、自分のオシャレが仕事の一部ということもあるでしょう。
それは例外として、社外の方と会う仕事の人はとくに、誰にでも不快感を与えない服装であることが最優先です。黄色や緑色、反対色を使ったダイヤモンドチェックや、アーガイルもオフィスにはふさわしくありません。以前、そんな足元の女性をみて、ギョッとしたことがあります。来訪者をギョッとさせないことは、会社員として大切なことですよ。

セクシーさのあるものにも注意

網タイツはいけません。また、くるぶしなどにラインストーンが施されているもの、全体にラメが入っているものなどもやめておきましょう。セクハラの対象にならないとも限りませんからね。

 

冬

オフィスではカジュアル系タイツとエロ系ストッキングは同じくらいNGです。かわいくてもダメ、エロくてもダメ。でも女らしく。ああ難しい!

賢人のまとめ

真冬にナチュストはむしろ寒々しい。制服がある人はナチュストより厚手の肌色タイツを、私服の場合は黒タイツでもOKです。

1 2

賢人プロフィール

女子マナーの賢人鈴木真理子

三井海上(現・三井住友海上)退職後、“伝える”“話す”“書く”能力を磨き、ビジネスコミュニケーションのインストラクターとして独立。セミナー、企業研修などで3万人以上に指導を行う。著書は『ズルいほど幸せな女になる40のワザ』(宝島社)のほか、近著『仕事のミスが激減する「手帳」「メモ」「ノート」術』(明日香出版社)、『絶対にミスをしない人の仕事のワザ』は7万部を超えるヒットとなる。 

(株)ヴィタミンMサイトhttp://www.vitaminm.jp/