仕事&マネー 【ビジネス女子マナーQ&A】夏休みの会社のお土産、いらない…。嫌いなものを配られたときはどう対応したらいい?

今回のビジネス女子マナーは、アパレル関連会社勤務の太田美保さん(仮名・27歳)からの相談です。

「去年のことですが、お盆休みのお土産に、地元の名産だという漬物を持ってきた人がいます。私は嫌いだし、ひとり暮らしなので、もらっても困ります。捨てるのはもったいないし、相手にも失礼だと思うし……と、なんだか気まずい思いをしました。こういう場合、断ってもいいのでしょうか。その場合、どういう風にお断りすれば角がたちませんか?」

毎年、夏休みの時期になると、悩み多き会社の方へのお土産問題。ビジネス女子マナーでは、毎年「会社へのお土産は買わなければいけないものではない。買わなくてもいい。買うなら2000円程度までの個装されたお菓子をひとつずつ配ればOK」を謳っていますが、なかなか浸透しませんね……。お漬物を配る方がいたときは、どうしたらいいのでしょう。鈴木真理子先生に聞いてみましょう。

☆☆☆

 せっかくのお土産。「それ嫌い。いらない」では角が立つ

実は私も漬物が苦手。ですから、相談者さんの気持ちがよくわかります(笑)。

嗜好は人それぞれです。自分が絶対においしい、オススメと思っていても、必ずしも贈った相手が喜ぶとは限りません。

とくに、味付けの濃いものや、珍しい調味料が使われているもの、また話題性のために突飛な発想でつくられているものなどは、好き嫌いが大きく分かれてしまいます。

でも、だからといって、せっかくお土産を選んでくれた相手に、直接「これ、私嫌いなの」とストレートに言っては角が立ちます。本当のことは、言いづらいものです。人間関係にヒビが入らないように、「とりあえず受け取る」という人が多いのが現状でしょう。

1 2