仕事&マネー 【ビジネス女子マナーQ&A】デスクの片づけや大掃除。業務時間内にしてたらお局先輩ににらまれた……。いつやればいいの?

今回のビジネス女子マナーは、IT関連会社勤務の広川いくみさん(仮名・28歳)からの相談です。

「上司から、デスクが汚いといつも怒られています。年末に向け、12月は片づけと掃除が奨励されていたのですが、仕事は立て込んでいるし、何から手を付けたらいいのかわからないうちに、今年が終わってしまいそうです。

また、どのタイミングで片づければいいのかもわかりません。勤務時間内に引き出しなどを整理していると、お局先輩がすごい目でにらむんです。掃除って勤務時間以外にすべきものなんでしょうか」

今年の仕事納めはいつですか?区切りをつけるためにも、2017年のうちにデスク周りの大掃除をしておきたいですよね。多忙な仕事の合間に、効率よく行なうにはどうしたらいいのでしょうか。

さっそく、鈴木真理子さんに伺ってみましょう。

☆☆☆

大掃除は業務時間内にしないと法令違反になる

クリスマスも過ぎ、いよいよ年の暮れも押し迫ってきた感があります。働く女性のみなさんは、年明け業務の準備と通常業務の中、あわただしく日々を送っているでしょう。

その中での、大掃除や片づけ。大変ですよね。

でも、社員が行なうデスクやオフィスの掃除や片づけは、勤務時間内にするものです。

なぜなら、労働安全衛生規則に次の条項が記載されているからです。

第619条

事業者は、次の各号に掲げる措置を講じなければならない。

第1項

日常行なう清掃のほか、大掃除を、6月以内ごとに1回、定期的に、統一的に行なうこと。

つまり、半年に1回は大掃除を行なわないと、法令違反になるということです。とくに12月は大掃除の時期。上司から職場全員に伝えてもらい、全員で大掃除をする日時を決めましょう。

質問者さんのおっしゃる通り、日常清掃についても業務時間内にすべきです。業務時間外に強制的にさせると、労働基準法に違反することになります。「お局先輩がにらむ」とありますが、もしそれが、「業務時間に片付けなどするな」という意味であれば、彼女は労働基準法の理解不足といえるでしょう。

相談者さんは、「5S」をご存じでしょうか。整理・整頓・清潔・清掃・しつけの5つ。これは、単なる職場の美化活動ではなく、効率よく仕事をし、意識と行動を変えて生産性を向上させるのための取り組みです。

それぞれ、以下の意味があります。

整理 いるものといらないものを区別して、いらないものを捨てる
整頓 取り出しやすく、戻しやすいように置き場所を決める
清掃 身の回りや職場をキレイに掃除すること
清潔 整理・整頓・清掃された状態を維持すること
しつけ 言われなくてもできるようにする。習慣にすること

デスクや職場がスッキリすると、頭の中までクリアになり、仕事がはかどります。余計なものや情報を抱えなくなると、優先順位を正しくつけられ、時間に対するコスト意識が高まるからです。

さらに、心まで整うので、同僚にも優しく接することができます。仕事も人間関係もうまくいき、あなたは今よりもっと信頼されるようになるでしょう。相談者さんににらみをきかせているというお局さまのデスクの上も、実は散らかっているのではないでしょうか。

さておき、簡単にできるデスクの片づけのしかたをご紹介しましょう。

汚デスク片付けの技は!?

1 2