仕事&マネー 【ビジネス女子マナーQ&A】アラサー女子が女性管理職に好かれるコツは?男性ばかりをえこひいきする女性上司とうまくやる方法

自分に足りないものは何?

気持ちをフラットにした上で、次にどうすればいいのか。相談者さんは、すでに29歳、キャリアも積んでいます。若手男子と同じように、上司をチヤホヤしてもしょうがありませんね。

まずは仕事をキッチリ仕上げて、上司の期待に沿うことをめざしましょう。

そんなことはすでにやっている!もっと責任ある仕事をもらえたらもっと活躍できるのに、いい仕事を与えてもらえないせいだ、と思っているかもしれません。でも、その気持ちは、正しいでしょうか。今一度、冷静に考えてみてください。

あなたが、上司にイマイチ評価されない原因はなんでしょうか?上司はハッキリ言わないようですが、あなたに対して小さな期待外れがあるかもしれません。男の子たちと自分を比べてみて、足りないものに気づいてほしいです。

仕事のスピード、品質はいかがですか?ミスの数はどうでしょう?そして、報・連・相や上司に声をかけるタイミングは? 自分だけが不当に扱われているという気持ちから、おろそかになっている場合もあります。また相談者さんは、「取り入るスキがない」と書いてらっしゃいます。もしかしたら、上司に声をかけるのにも気が引けてしまい、コミュニケーションがうまく取れていないことも考えられます。

男性陣の「チヤホヤ」は上司への気配り?

もうひとつ、気が利くかどうかも大切なポイントです。

上司が指示しなくても、先読みして「これ、やっておきましょうか」と声をかけてくれたり、上司が忙しそうだと、さりげなく察して手助けしてくれる部下がいたら、きっと可愛がられることでしょう。相談者さんが男性陣を「上司をチヤホヤしている」と見ている点は、実は、ここだったりしませんか? 

若手男子ばかりがえこひいきされているように感じると、どうしても悔しい気持ちになり、その男性に対しても「縁故入社のくせに」「顔がかわいいからって」「ただ甘え上手なだけ」「年上の女性に取り入るのだけがうまい」「陰で悪口を言う」と、悪い面ばかりに目がいってしまいますね。

でも、上司にそれを告げ口をしたところで意味がありません。むしろ、あなたの評価をさらに下げる可能性もありますから、行動はよく考えてからにしてください。

急に明日から上司の見る目が変わることは期待できませんが、コツコツ努力すれば、きっと上司は気づいてくれると思います。焦らず、一歩ずつ前に進みましょう。

「女性上司とうまくやる」というのも、社会人の大切なスキルのひとつです。

賢人のまとめ

まず「女性同士だからうまくいかないんだ」という考えを捨てましょう。男性よりも仕事ができるのに評価されずに悔しい思いをしている働く女性は少なくありませんが、クサったら負けです。業務の中で、自分に落ち度がないかを再度チェックして、「小さな期待外れ」を潰していきましょう。

1 2

賢人プロフィール

女子マナーの賢人鈴木真理子

三井海上(現・三井住友海上)退職後、“伝える”“話す”“書く”能力を磨き、ビジネスコミュニケーションのインストラクターとして独立。セミナー、企業研修などで3万人以上に指導を行う。著書は『ズルいほど幸せな女になる40のワザ』(宝島社)のほか、近著『仕事のミスが激減する「手帳」「メモ」「ノート」術』(明日香出版社)、『絶対にミスをしない人の仕事のワザ』は7万部を超えるヒットとなる。 

(株)ヴィタミンMサイトhttp://www.vitaminm.jp/