仕事&マネー 【ビジネス女子マナーQ&A】オフィスのトイレに「置きコス」してたら盗難に…!?これってどう対応すればいいの?

会社への報告は様子見で

「盗まれたに違いない」「犯人は誰?」「ぜったいに見つけてやる!」なんて思いながら仕事をするのも気持ち悪いですよね。同僚に不信感を抱いたり、仕事に集中できずソワソワしては、ミスしてしまうかも。あなたの評価が下がったらもったいないことです。

ただ、しばらくは本当に盗られたのかどうか、様子を見ることをオススメします。たとえば、急に生理になってしまったなど、のっぴきならない事情でひとつ拝借しただけ、あとからそっと戻そうと思っていた……ということもあるかもしれません。また、うっかり誰のかわからないコスメポーチの中身をトイレの床に落としてしまい、片づけする際に汚れたものを処分した……なんて場合もありえます。可能性は高くないですが、現状では「絶対に盗難だ」とは言い切れないですよね。あなたは私物はもう置かないことにして、しばらく状況を見守ってみましょう。他の人からもそういう声が上がり始めた場合は、やはり……ということですので上司や先輩に報告しましょう。私物の盗難を放置することで、そのうち会社の什器備品が盗られる事態になってはいけないと考え、対策が練られるでしょう。一方、社員に「貴重品は自分で責任をもって管理しましょう」などの呼び掛けがあるかもしれませんし、女子トイレの鍵付きのロッカーの需要を検討してもらえるかもしれません。

オフィスでの私物の自己管理を徹底しよう

ただし、やはり、私物をトイレに置きっぱなしにするのはよくないです。自分のバッグやロッカーに入れ、必要なときに必要なものを持っていくという習慣はつけておきたいもの。日本では、一般的に盗難に対する危機感が薄い気もします。たとえば、レストランでバッグやお財布をソファに置いたまま、数分間席を外すことありませんか?ビュッフェでお料理やスイーツを取ったり、店外に出て携帯電話で話したり。対して海外旅行するときは、肌身離さず、と注意されますよね。今回の事件は自己責任、自己管理を徹底する機会にしましょう。

また、トイレで手を洗うとき、指輪を外す人もいますね。私の友人にも、トイレの洗面台に外した指輪を置く癖がある人がいます。そして、ある日「あっ、指輪をはめていない」と数分後に気づいて取りに戻ったら、なくなっていたそうです。

実は昨年、私の母が葬儀場のトイレの個室にバッグを置き忘れました。ほんの2~3分後に気づいて私が取りに行ったら、バッグがドアにかけたままだったのでホッと安心。しかし、お財布の中から万札だけが抜き取られていたんです。悲しみの席で、誰がこんなことを!と憤りたくなりますが、そういう人もいるんです。会社だって、「盗難がおこるわけがない」というわけではありません。ぜひあなたも今回のケースを他人事で済まさず、オフィスでの私物の自己管理を徹底させてください。

 

毎日使っているとマイスペース感が高まり、快適化を求めてカスタマイズしがちですが、オフィスのトイレは公共、共有の場だということを忘れずに。

賢人のまとめ

鍵付きの個人ロッカーでない限り、みんなが使う場所に私物を置きっぱなしにしているのはよろしくありません。まずは「オフィスのトイレに置きコスをしない」ことです。盗難被害については、しばらく様子見を。確実に盗難が疑われるようであれば、上司や先輩に報告しましょう。

1 2