仕事&マネー コロナ不況到来!危機に備えて、家計の見直しはどうすべきか

支払いが猶予になる支出を確認!

家計を見直してもなお、家計が厳しいという事態も十分起こりうるでしょう。

そこで、知っておきたいのが、支払い猶予が可能な支出。実はコロナの感染拡大を受け、水道光熱費、税金、社会保険料、携帯電話、生命保険などの支払いが猶予になる特別措置が取られています。

例えば、電気代やガス代は、2020年5月までの支払いを1か月延長することができます。また、上下水道代の支払い猶予は自治体により異なりますが、2か月分〜4か月分の水道料金の支払いを2か月〜4か月程度延長することができます。対象者は一定の条件を満たした人になりますので、契約している電力会社等に問い合わせをして確認してくださいね。

会社と個人で労使折半している厚生年金保険料などの社会保険料についても、税金の支払い猶予と同様に1年間の猶予が受けられます。猶予が認められると、猶予された金額を各月に分割して納付することになります。

NTTドコモ・au・ソフトバンクの大手通信3社も、支払期限の延長を受け付けています。スマホ・携帯代金だけでなく、インターネットの回線費用やプロバイダ利用料なども対象になり、支払いを2020年5月末日まで延長できます。

生命保険の保険料には、通常1か月の払込猶予期間がありますが、多くの生命保険会社が、この払込猶予期間を2020年9月30日まで延長しています。火災保険や自動車保険、傷害保険など、損害保険の保険料も同様に2020年9月30日まで延長しています。

新型コロナウイルスの影響は長引くことが予想されるので、家計を整理しつつ、支払いの猶予が可能なものについては、制度を利用するか検討してみましょう。

これからどうなるかわかりません。しっかり家計を管理して、いざという時のために備えましょう。

賢人のまとめ

新型コロナウイルスの感染拡大の影響が長期化する中で、家計への打撃も長期化することが予想されます。コロナ不況に備えて、今からしっかりと家計の見直しをしておくことが大切です。現在は平常時とは違うので、改めて支出の確認をして、今後の家計の見通しを立てましょう。家計で削減する項目は、固定費から優先的に。特に自粛生活で水道光熱費、通信費などは増える傾向にあるので、優先的に見直しを。家計を見直してもなお家計が厳しい時には、支払いが猶予できる支出を確認して制度を利用するか検討しましょう。

1 2

賢人プロフィール

マネーの賢人高山一惠

ファイナンシャル・プランナー(CFP)/(株)Money&You取締役。2005年に女性向けFPオフィス、株式会社エフピーウーマンを創業、10年間取締役を務め退任。その後、株式会社Money&Youの取締役へ就任。お金の総合相談サイト『FP Cafe』や女性向けマネーメディア「Mocha」を運営。全国で講演活動、多くのメディアで執筆活動、相談業務を行ない、女性の人生に不可欠なお金の知識を伝えている。明るく親しみやすい性格を活かした解説や講演には定評がある。著書は『やってみたらこんなにおトク!税制優遇のおいしいいただき方』(きんざい)、『つみたてNISAでお金は勝手に増えていく!』(河出書房新社)、『パートナーに左右されない自分軸足マネープラン』(日本法令)など多数。株式会社Money&You:https://moneyandyou.jp/ FP Cafe:https://fpcafe.jp/ Mocha:https://fpcafe.jp/mocha   マネラジ。:https://fpcafe.jp/mocha/features/radio     Money&You TV:https://fpcafe.jp/mocha/features/mytv