仕事&マネー 緊急事態宣言延長!知っておきたいコロナ関連の助成制度

生活に困窮している時に利用できる融資

貯蓄も底をつき、いよいよお金が足りないとなった場合、ついキャッシングを利用しがちですが、安易に利用しないようにしましょう。というのも、キャッシングは、スピーディーにお金を貸してもらえるかもしれませんが、金利がかなり高いからです。代わりに利用したいのが「緊急小口資金」もしくは「総合支援資金」です。

  • 緊急小口資金(20万円以内・10万円以内)(手続き先:お住まいの市区町村社会福祉協議会)

新型コロナウイルスによる休業や失業等により、収入が減少した世帯に対する緊急小口資金の特例貸付です。一時的な資金が必要な方(主に休業された方)向けの制度となっています。
貸付額は学校等の休業や個人事業主等の特例の場合20万円以内、その他の場合は10万円以内です。無利子・保証不要で、1年間の据え置き期間があり、2年以内に返済することになっています。

  • 総合支援資金 (問い合わせ先:居住している区市町村社会福祉協議会)

新型コロナウイルスによる収入減や失業などによって生活に困窮している会社員や公務員の方に生活再建までの間に必要な生活費を貸付してくれます。貸付額は2人以上世帯で月20 万円以内、単身世帯で月15 万円以内、貸付期間は原則として3か月以内(最長12 か月)となっています。いずれも無利子・保証不要。6か月の据え置き期間があり、10年以内の返済でOKとなっています。

緊急事態宣言が5 月末まで延長となり、自粛生活がさらに続くことになりました。さらに、失業したり、収入が減ったりといった深刻な事態に追い込まれることもあるかもしれませんので、今回ご紹介した救済措置について情報を収集しておきましょう。

悲観する前に、使える給付などをしっかり問い合わせて。

賢人のまとめ

コロナの収束の目処が立たない中、緊急事態宣言が5月末まで延長になりました。コロナの影響で失業したり、収入が減ったりという人は少なくないと思いますが、いざという時に活用したいのが、給付金や支援金、融資などです。今回は新型コロナ関連の救済措置をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください。

1 2 3

賢人プロフィール

マネーの賢人高山一惠

ファイナンシャル・プランナー(CFP)/(株)Money&You取締役。2005年に女性向けFPオフィス、株式会社エフピーウーマンを創業、10年間取締役を務め退任。その後、株式会社Money&Youの取締役へ就任。お金の総合相談サイト『FP Cafe』や女性向けマネーメディア「Mocha」を運営。全国で講演活動、多くのメディアで執筆活動、相談業務を行ない、女性の人生に不可欠なお金の知識を伝えている。明るく親しみやすい性格を活かした解説や講演には定評がある。著書は『やってみたらこんなにおトク!税制優遇のおいしいいただき方』(きんざい)、『つみたてNISAでお金は勝手に増えていく!』(河出書房新社)、『パートナーに左右されない自分軸足マネープラン』(日本法令)など多数。株式会社Money&You:https://moneyandyou.jp/ FP Cafe:https://fpcafe.jp/ Mocha:https://fpcafe.jp/mocha   マネラジ。:https://fpcafe.jp/mocha/features/radio     Money&You TV:https://fpcafe.jp/mocha/features/mytv