仕事&マネー 不妊で悩むカップル急増!不妊治療をするにはいくらかかる?

みなさん、こんにちは!ファイナンシャルプランナーの高山一恵です。菅総理大臣が不妊治療の保険適用を打ち出し話題になっていますが、最近、周囲をみても、不妊治療で悩んでいる人は増加しているように思います。不妊治療は、精神的にも経済的にも負担が生じます。そこで今回は、不妊治療にかかるお金と助成についてお話します。現在、独身の方も将来の参考にしてくださいね。

不妊治療には段階があり、高度な治療になるほど高額に

最近は、女性の社会進出が著しく、その影響もあり年々女性の初婚年齢が上がっています。厚生労働省の調べによると、2018年時点で女性の初婚年齢は29.4歳とのこと。その後、出産となると30代以降で出産する人が多くなります。

私自身も38歳で子どもを産みましたが、年齢が上がるとなかなか妊娠しずらくなるのが現実です。周囲を見渡しても不妊治療をしている人は多く、昔に比べて不妊治療は身近なものとなってきました。

ただし、一度不妊治療に足を踏み入れると、諦めきれず、ついかけられるだけお金をかけてしまう傾向にあります。冷静なうちに、不妊治療をする場合、どれくらいお金がかかるのかを把握しておきましょう。

不妊治療には、タイミング法、人工授精、体外受精、顕微授精など段階があり、高度なものになるほど、費用も高額になる傾向にあります。主な治療方法と費用をみていきましょう。

タイミング法

超音波(エコー)で卵巣内にある卵胞の大きさを測ったり、尿中の排卵ホルモンを検査したりして、排卵日のタイミングにあわせて自然妊娠を期待する方法です。身体への負担が少ない方法で、まずはこの治療から始めます。

健康保険適用されるので費用は3割負担です。1回あたり数千円程度です。

人口受精(AIH)

タイミング法で妊娠しなかった場合、運動している成熟精子を、妊娠しやすい時期に子宮内へ直接注入する方法です。排卵誘発剤を併用する場合は、多胎妊娠や卵巣過剰刺激症候群(卵巣内の卵胞が過剰に刺激され、卵巣が膨れ上がることで様々な症状を引き起こす病気)などの副作用にも注意が必要です。また、6回程度行なっても妊娠しない場合は、それ以上行なっても同じ結果になると判断されるようです。

費用は自費診療のため、全額自己負担です。1回あたり、1万円〜4万円程度ですが、病院によっても変わります。

体外受精・顕微授精(生殖補助医療)

身体から取り出した卵子と精子を体外で受精させ、数日後に受精卵を子宮に返す方法です。女性の身体には少なからず負担がかかり、卵巣過剰刺激症候群などの副作用のおそれもあります。

全額自己負担で、1回20万円〜60万円が目安ですが、治療内容と病院によってかなり差があります。

不妊治療にも段階があります。
1 2