仕事&マネー 払い過ぎた税金は、年末調整で取り戻そう!働き女子が年末調整で税金を取り戻せる可能性が高い所得控除とは?

みなさん、こんにちは!ファイナンシャルプランナーの高山一恵です。今年も残すところ2か月あまりとなりましたね。会社員の方は、年末になると年末調整の手続きをすると思います。今回は、働き女子が年末調整で税金を取り戻せる可能性が高い代表的な「所得控除」についてお話します。

年末調整とは

会社員は、毎月のお給料から所得税が差し引かれています。これを源泉徴収と言いますが、年末調整をすることで税金が戻ってくることがあります。

そもそも年末調整とは、ざっくり言うと、会社員の税金を清算する制度のこと。

毎月みなさんのお給料から引かれている所得税は、個人で加入している生命保険やがiDeCoなどは考慮されておらず、1年間にこれくらい稼ぐであろうと推定した金額を元に概算の金額が天引きされています。年末には、1年間のお給料が確定し、本来支払うべき所得税も確定しますので、概算で天引きされていた所得税との過不足を清算します。

結婚、出産などで扶養家族が増えたり、生命保険料を支払ったりした場合など、税金が安くなる「所得控除」という制度があるのですが、これらは年末調整で申請してはじめて控除が認められます。

控除が増える分だけ、払いすぎた税金が戻って来る可能性大!ただし、支払額が少なければ、追加徴収となることもあります。

生命保険に加入している場合には「生命保険料控除」が適用に

年末調整で受けられる控除には、様々なものがありますが、今回は、会社員の年末調整で代表的な「生命保険料控除」と「小規模企業共済等掛金控除」についてお話します。

生命保険に加入しているという人は少なくないと思いますが、生命保険に加入していると「生命保険料控除」が適用になります。年末調整時に「給与所得者の保険料控除申告書」に記入し、保険会社から送られてくる「保険料控除証明書」を提出することにより税金が安くなります。

生命保険料控除は、加入している保険の種類や加入した年によって、取り扱いが異なるので注意が必要です。

2011年以前に契約した人は、最高で一般の生命保険料5万円、個人年金保険料5万円の合計10万円の控除を受けることができます。

2012年以降に契約した人は、介護医療保険料が加わっているため、最高で一般の生命保険料4万円、個人年金保険料4万円、介護医療保険料4万円の合計12万円の控除が受けられます。

例えば、2012年以降に保険に加入した人で、最終的に税金がかかる所得税率が10%、生命保険料控除額が4万円だとすると、どれくらい税金が戻るのでしょうか。

実際に安くなる所得税の金額は、控除金額4万円に所得税率10%を掛けた4000円。税率は所得によって異なるので、源泉徴収票などで確認しましょう。ちなみに、住民税も生命保険料控除が適用になり翌年の住民税が安くなります。

図表 生命保険料控除
1 2