仕事&マネー コロナ禍だからこそお金を少しでも増やしたい!月1万円から始められる積立投資術

株式投資なら「るいとう」

古くから投資の王道といえば、株式投資ですが、株式投資は、まとまった金額がないとできないと思っている人も少なくないのではないでしょうか。

株は、基本的には100株単位で売買されています。ですから、たとえばある銘柄の株価が「1,000円」の場合、購入するには最低でも1,000×100株=10万円が必要になります(別途、手数料もかかります)。

でも、大丈夫!実は株式投資もコツコツ積み立てることが可能です。例えば、野村証券や大和証券などの「るいとう(株式累積投資)」、auカブコム証券の「プレミアム積立(プチ株)」、One Tap BUYの「積み株(米国株)」などがあります。

るいとうは月1万円以上1,000円単位を購入していく仕組み、プチ株は月500円以上1円単位を購入していく仕組み、積み株は月1,000円から1,000円単位を購入していく仕組みです。

個人的には、米国株に注目しているので、One Tap BUYの「積み株(米国株)」の愛用者です。米国株に投資というと、ハードルが一気に高くなると思いますが、Google、Amazon、Facebook、Apple、Microsoftなどのいわゆる世界を牽引する米国の巨大テクノロジー企業のような超有望銘柄を少額でコツコツ積み立てで購入できるので、初心者の方でもトライしやすいでしょう。

金投資なら「純金積立」

昔から有事の時は「金」といわれ、戦争、テロ、政治不安など、世界経済を揺るがすような事態が起きると決まって「金」投資に注目が集まります。今年は新型コロナウイルスが世界中で猛威を奮い世界中の経済が低迷しましたが、金は堅調でした。なぜ、有事の時に金価格が堅調なのかというと、株式や債券と異なり、実物資産である金は価格が下がることはあっても価値がゼロになることはなく、金は全世界共通で資産価値があるものだからです。

先行き不透明な今、資産の中に一部でも金を持っておくと安心です。ただし、ひとくちに金投資といっても、様々な方法がありますが、初心者にオススメなのが、「純金積立」。

純金積立は、毎月一定額を積み立てながら金の現物に継続的に投資をしていく仕組みの商品のこと。「田中貴金属工業」や「三菱マテリアル」などの貴金属商や鉱山会社、「SBI証券」や「楽天証券」などのネット証券などで始めることができます。

なお、田中貴金属工業や三菱マテリアルでは3,000円から、SBI証券や楽天証券では1,000円から積み立てることができます。

今回は初心者が月1万円から始めるのに最適な積立投資をご紹介しました。投資は預貯金と違い日々値動きのあるものです。だからこそ、高値掴みを防ぎ、値動きに一喜一憂しなくてすむ、積立投資をしていくのが一番です。先行き不透明な世の中だからこそ、少しずつでも自助努力でお金を増やしていきたいですね。

「いつ何が起きるかわからない」コロナでそう実感した人も多いのでは?

賢人のまとめ

イマドキは、お小遣い程度から始めることができる投資商品はたくさんあります。一度に投資をすると高値掴みをしてしまう可能性が高いので、時期を分散して投資をする積立投資がオススメ。少しでもお金を増やすべく、月1万円からコツコツ投資を始めましょう。

1 2

賢人プロフィール

マネーの賢人高山一惠

ファイナンシャル・プランナー(CFP)/(株)Money&You取締役。2005年に女性向けFPオフィス、株式会社エフピーウーマンを創業、10年間取締役を務め退任。その後、株式会社Money&Youの取締役へ就任。お金の総合相談サイト『FP Cafe』や女性向けマネーメディア「Mocha」を運営。全国で講演活動、多くのメディアで執筆活動、相談業務を行ない、女性の人生に不可欠なお金の知識を伝えている。明るく親しみやすい性格を活かした解説や講演には定評がある。著書は『やってみたらこんなにおトク!税制優遇のおいしいいただき方』(きんざい)、『つみたてNISAでお金は勝手に増えていく!』(河出書房新社)、『パートナーに左右されない自分軸足マネープラン』(日本法令)など多数。株式会社Money&You:https://moneyandyou.jp/ FP Cafe:https://fpcafe.jp/ Mocha:https://fpcafe.jp/mocha   マネラジ。:https://fpcafe.jp/mocha/features/radio     Money&You TV:https://fpcafe.jp/mocha/features/mytv