仕事&マネー 働く女子が知っておくべき「源泉徴収票」の読み方とは?

みなさん、こんにちは!ファイナンシャルプランナーの高山一恵です。会社員の方は、年末になると、会社から源泉徴収票が渡されます。見てみると、たった一枚の紙切れに、さまざまな情報が記載されていることはわかりますが、肝心の「読み方」がわからないという人が少なくありません。そこで、今回は、源泉徴収票の読み方のポイントをお伝えします。

源泉徴収票をなんとなく受け取っている人も多いのでは?

源泉徴収票とは

源泉徴収票には、1年間に会社から支払われた給与、そして、社会保険料、所得税などの総額が記載されています。自分が1年間働いた結果である「通信簿」のようなものと考えるとわかりやすいでしょう。

会社員の場合、1年間の給与や既に納めた税金を計算し、納めるべき税金を確定させる「年末調整」という手続きを会社が行ってくれます。この時期、保険会社から送られてくる「保険料控除証明書」を会社に提出したという人も少なくないのではないでしょうか。それらを加味したものが「源泉徴収票」という一覧になります。

実は、源泉徴収票は、自分のお金に関する情報の宝庫なのですが、専門用語が書かれているため、読み方がよくわからないという人も少なくありません。それは、とってももったいないので、これを機に読み方をマスターしましょう。

確認したい項目は4つ

源泉徴収票は、マイナンバー導入により、数年前から紙のサイズが大きくなり情報量も増えましたが、主に確認したい項目は4つです。

1.支払金額

ここには、1月〜 12月までに支払われた、または支払われる予定の給与の総額が記載されています。この「支払金額」は手取りではなく、税金や社会保険料が引かれる前の「額面の金額」です。ただし、月15万円までの交通費は含まれません。また、1年の途中で転職した場合は、以前に勤めていた会社からの給与も含まれています。クレジットカードや住宅ローンを借りる際に「年収」を書く欄があれば、この金額を書きます。

2.給与所得控除後の金額

ここには、給与から会社員の必要経費にあたる給与所得控除額を差し引いた金額が記載されています。

そもそも所得税は、1月1日から12月31日までの暦年の所得に対して課税されます。といっても、1年間の収入の金額から、そのまま所得税の額を計算するわけではありません。簡単に説明すると、まず、収入から「その収入を得るために使った費用」などを差し引いて「所得金額」を計算します。つぎに、以下で説明する、その人や家族の状況、あるいは災害や病気などを考慮した14種類の「所得控除」を引いて、「課税所得金額」を求めます。この課税所得金額に所得税率を掛けて、所得税が求められるのです。

会社員の場合でも通勤するためにスーツや靴などを購入しますよね。こういった必要経費としての費用を「給与所得控除」として、給与収入に応じて一定の金額が認められています。

参考:給与所得控除額の金額
https://www.nta.go.jp/m/taxanswer/1410.htm

つまり、「給与所得控除後」の金額とは、給与収入から経費(給与所得控除)を差し引いた「給与所得」のことをさします。

1 2