仕事&マネー キャッシュレス決済が一気に浸透した2020年!これからの時代は何を使うのがお得?

みなさん、こんにちは!ファイナンシャルプランナーの高山一恵です。2020年も残すところわずかとなりましたが、今年はポイント還元やマイナポイントがスタートしたことなどにより、キャッシュレス決済が一気に浸透した年でした。そこで、今年の締め括りにキャッシュレス決済の復習とお得な使い方についてお話します。

たくさん種類がありすぎて…選ぶポイントはあるの?

キャッシュレス決済を選ぶのにあたってのポイント

ひとくちにキャッシュレス決済といっても、様々な種類があります。選択するポイントは、

・「使えるお店が多いかどうか」
・「自分の生活圏で使えるかどうか」
・「普段から貯めているポイントと相性が良いかどうか」

キャッシュレス決済を導入するメリットは、現金を持ち歩かずに手軽に買い物ができることと、ポイントの還元が受けられるところです。ですから、そもそもポイントを貯めても使えるお店が少なければ意味がありません。使えるお店が多いほど、単純に利便性は高まります。また、特に自分の生活圏で使えないと不便なので、自分がよく行くお店やよく利用するサービスで使えるかどうかも確認しましょう。

キャッシュレス決済は大きく分けて3種類

キャッシュレス決済は、「QRコード決済」「電子マネー」「クレジットカード」の大きく3つに分類されます。

まず、今最も旬なのがQRコードを読みとって決済する「QRコード決済」。スマホ画面に表示されたQRコードやバーコードを読みとって支払います。また、キャンペーンをよく実施しているので、ポイントを効率よく貯められます。個人送金間に手数料がかからないのも特徴です。他にも支出の明細が記録されるので、家計簿代わりに利用することもできます。一方で、スマートフォンの電池が切れてしまうと支払いができなくなるため、災害に弱いという一面もあります。

「電子マネー」は、事前にIC(Integrated Circuit=集積回路)カード(プリペイドカード)にチャージ(入金)して使う前払い方式です。公共交通機関をはじめ、スーパーマーケット、コンビニエンスストアなど様々な場所で利用できますが、チャージできる場所は限られます。そのため、定期的に残金を確認していないと、肝心な場面で使えないというハプニングも。しかしながら、専用端末にかざすだけでスピーディに支払える利便性が幅広い世代にわたって定着しています。

そしてキャッシュレス決済の代表といえば「クレジットカード」です。利用限度額が高く、分割払いも可能。国内外で利用できるカードが多く、換金の手間も省けることから、海外旅行でも広く利用されています。買い物の優待特典や、旅行保険などの付帯サービスが充実しているのも、クレジットカードならでは。なお、カードの発行には事前の入会審査が必要です。ただし、後払い方式のため、使いすぎに注意する必要があります。

1 2