仕事&マネー 2021年はお金に強い女子になる!まずは、自分のマネーレベルをチェックしてみよう!

みなさん、明けましておめでとうございます!今年も1年どうぞよろしくお願いします。さて、今年も新型コロナウイルスの影響が長引きそうですが、先行き不透明な時代を生き抜くためには、お金の知識が必要です。
とはいえ、お金の知識は一朝一夕に身につくものではありません。まずは、自分のマネーレベルがどれくらいなのかチェック!2021年はマネーレベルが少しでも上がるように頑張りましょう!こちらの診断は筆者の独断で作成したものなので、力まずに楽しんでチェックしてみてくださいね!

まずは現在の自分の状況を確認することが大切!

レベル1:自分の手取り給料の金額を知っている

家計管理も苦手だし、貯蓄もまったくできない…というお金に苦手意識をもっている方でも、さすがに自分のお給料の金額くらいは把握しているのではないでしょうか。ただし、ここでいうお給料とは実際に支給される「手取り給料」のこと。税金や社会保険料が引かれる前の「税込給料」も知っているにこしたことはありませんが、基本的に家計管理をするときには「手取り給料」を元に管理します。手取り給料と税込給料を正しく把握していない方も多いので気をつけましょう。

レベル2:自分の貯金の金額を知っている

意外と把握していない人が多いのが「貯金の金額」です。貯金の金額がわからない人はお金に無頓着な人が多く、「たしか普通預金にいくらか入っていたような…」という反応が返ってくることがしばしば。反対に貯金額を把握しているということは、それだけお金に興味があるということ。少なくとも毎月のお給料日には預金の残高を把握している人が多いようです。貯金はいざというときに自分の身を助けるので、きちんと把握しておきましょう。

レベル3:何の項目にいくら使っているか、「支出」を把握している

お給料の金額を把握しているという方は多いのですが、自分が何にいくらお金を使っているか、「支出」を把握している方は意外に少ないようです。支出を把握することで、何にお金を使い過ぎているのかがわかり、無駄な出費を減らすことができます。家計簿や家計簿アプリなどを活用して支出を正確に把握しているという方はかなり優秀ですが、ざっくりとでも把握しているか、していないかでは大違いです。収入が少なくても貯蓄できている方を見ていると、支出を把握し、項目ごとに予算化できている傾向にあります。

1 2 3