仕事&マネー 給与がスマホ決済アプリで受け取れる!? 2021年春から給与のデジタル払いが解禁!

毎月のお給料は銀行口座で受け取るのが一般的ですが、今年からその常識が覆るかもしれません。というのも、2021年の春からスマホ決済のアプリなどでデジタルマネーとして受け取れるようになるからです。今回は、今注目されている給与のデジタル払いについてお話します。

給与のデジタル払いとは

2021年の春から政府は給与のデジタル払いを解禁する予定です。それに伴い、企業は従業員の給与を銀行口座を介さずに、資金移動事業者として登録しているPayPayや楽天ペイといったスマホ決済アプリなどに振り込めるようになります。

給与を受け取る立場としても、これまでの「給与を受け取るのは銀行口座」という常識からの意識改革を求められそうです。

そもそも現在の給与支払いのルールは、労働基準法24条で「賃金は、通貨で直接労働者にその全額を支払わなければならない」と規定されています。もう少し細かくみてみると、①「通貨」で②「直接」③「全額」を④「毎月1回以上」⑤「一定期日に」支払うこととされていて、これを賃金支払いの5原則といいます。

今回の改正で給与をデジタル払いにできるようにするほか、支払い頻度などについても柔軟に検討するようです。

給与がデジタル払いになるメリットは?

最近は、若い世代を中心にスマホ決済を利用している人も多いですよね。読者の方の中にも「給与がPayPay や楽天ペイで受け取れるなんて便利!」と思った人も少なくないのではないでしょうか?

給与をデジタル払いで受け取るには、自ら希望する必要があります。ただし、給与のデジタル払いが解禁になっても、原則として銀行口座への振込とデジタル払いの併用になる見込み。たとえば、30万円の給与のうち、25万円は銀行、5万円はスマホアプリに振り込んでもらうというイメージです。

では、実際に給与のデジタル払いが解禁になると、どんなメリットがあるのか見てみましょう。

・銀行口座やクレジットカードからチャージする手間が省ける
ここ最近、キャッシュレス決済を使って支払いをしている人は増えてきていますが、銀行口座を介さずにスマホ決済アプリなどに直接給与が振り込まれれば、銀行口座やクレジットカードなどからチャージする手間が省けます。

・ポイントを貯めやすい
普段使いのスマホ決済アプリに給与が入金されれば、お買い物もスムーズ。買い物をするたびにポイントも貯まります。

・副業などの収入が短期間で受け取り可能
企業が銀行口座に給与を振り込む場合は手数料がかかりますが、デジタル払いにすることによってコストの削減が可能です。そのため、給与の週払いや日払いなどもしやすくなると言われています。副業でアルバイトなどをした場合、すぐにアルバイト代が欲しいという人も多いと思いますが、デジタル払いになれば、短い期間で給与を受け取ることも可能です。

1 2