仕事&マネー 2021年10月から!マイナンバーカードが健康保険証として利用可能になった

みなさん、こんにちは!ファイナンシャルプランナーの高山一恵です。今年の3月から一部の医療機関で健康保険証としてマイナンバーカードが利用できていましたが、今年の10月から本格的に利用できるようになります。そこで、今回は、マイナンバーカードを健康保険証として利用する仕組みやメリットなどについてお話します。

用途が広がるマイナンバーカード!

10月から健康保険証として本格的に利用可!広がるマイナンバーカードの活用法

マイナンバーカードを取得して、所定の設定とキャッシュレス決済を選び、買い物の支払いまたはチャージをすると、最大5,000円までマイナポイントが付与されることで注目されているマイナポイント。マイナポイントをきっかけにマイナンバーカードを作成したという人も少なくないのではないでしょうか。期間が延長になり、今年の12月末までに買い物やチャージをすると、ポイントを受け取れます。

また、マイナンバーカードを持っていると、住民票の写しや印鑑登録証明書などの書類が必要なときに、わざわざ役所の窓口に出向かなくても、住んでいる地域のコンビニにマルチコピー機があれば、コンビニで簡単に取得することができます。日中時間が取れない人にとってはとても便利なサービスといえますね。

そして、2021年10月からマイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになり、ますます便利に!医療機関を受診するときや薬局で薬を処方してもらうときに従来の保険証と同様に使えます。

マイナンバーカードを健康保険証として利用するときには、顔認証付きカードリーダーを使い、カードに搭載されたICチップで顔写真データを読み取り、本人確認をする仕組みになっています。使い方も非常に簡単で、医療機関や薬局などの受付に備えてあるカードリーダーにかざすだけです。従来の保険証のように、受付の窓口で職員の方に預ける必要はありません。新型コロナ対策として、人との接触を減らすという効果もありそうですね。

マイナンバーカードが健康保険証として利用できる病院には、下記の「ステッカー」や「ポスター」が貼ってありますので、確認してくださいね。
参照:  https://www.mhlw.go.jp/stf/index_16743.html

1 2