仕事&マネー つみたてNISAで上限金額まで投資できたら、次の投資先は何を選ぶ?

みなさん、こんにちは!ファイナンシャルプランナーの高山一恵です。新型コロナウイルスの感染拡大がとまりませんね……。感染防止に努めながら元気に過ごしたいものです。さて、前回はつみたてNISAについてお話しましたが、つみたてNISAを上限金額まで積み立て、なお、家計に余裕がある場合には、次の投資先に迷う人も少なくないようです。

そこで、今回は、つみたてNISA を上限まで行い、さらに家計に余裕があるという人におすすめの投資先候補についてお話します。

「つみたてNISA」の他にも、おすすめの方法はある?

候補1:税制優遇の恩恵を受けながら自分年金を準備するiDeCo

つみたてNISAで上限金額まで投資をして、さらに家計に余裕があるという場合、まず、優先してほしいのが「iDeCo」です。iDeCo(個人型確定拠出年金)は、税制優遇の恩恵を受けながら老後の自分年金づくりができる制度です。

今後少子高齢化がますます加速する中、自分自身で年金を準備することは大切なこと。老後の年金の準備もできて、しかも税制優遇も受けることができるのですから、家計に余裕がある人はぜひ検討しましょう。

iDeCoの大きなメリットは、「毎月の掛け金」「運用期間中」、「年金の受取時」の3つの場面で税制優遇があること。中でも掛け金の全額を「所得控除」できるのは大きなメリットです。税金は、税込収入から様々な「所得控除」を差し引いた「課税所得」に対してかかります。つまり、所得控除が増えるほど、支払う所得税が減るので、この制度を利用すると大きな節税が可能です。iDeCoの掛け金は「小規模企業共済等掛金控除」という所得控除が受けられます。

掛け金の上限金額は、自営業者、会社員、公務員など、属性により異なりますが、いずれも5,000円からスタートすることができます。

例えば、課税所得が300万円程度の会社員がiDeCoに加入し、毎月2万円を拠出したとすると、年間の掛け金の合計金額は24万円になります。そして、この24万円はその年の給与所得から減額できるので、仮に所得税率が10%の人なら、所得税が約2万4,000円節税になり、住民税(一律10%)と合わせると約4万8,000円も節税になります。毎年24万円を貯めつつ、4万8,000円の節税になるのですから、お得な制度ですね。

iDeCoは、基本的に60歳まで引き出すことができませんが(2022年から変更予定)、前向きに捉えれば、老後資金を確実に貯めることができるということです。

1 2