仕事&マネー コロナ禍でも資産増って本当?「お金の置き場所」で増え方に差がつく!

みなさん、こんにちは。ファイナンシャルプランナーの高山一恵です。金融広報中央委員会が発表した令和2年度の資料によると、2人以上の勤労者世帯の金融資産は前年と比較して大幅に増えているとのこと。新型コロナの感染拡大で消費が減り、その分貯蓄に回している人が多いことがうかがえます。加えて、お金をどこに置いていたのかによっても資産の増え方に差がついているようです。

コロナ禍で金融資産が増えた要因は?

2019年の金融資産保有額の平均値は1,139万円、2020年の金融資産保有額は1,436万円ですから、200万円以上増えたことになります。もちろん、業種によっては、収入が減り、貯蓄どころではないという人も少なくないと思いますが、コロナ禍でも安定した収入がキープできた人たちは、資産が積み増しになっている傾向にあるようです。

金融資産が増えた要因としては、一人一律10万円の特別定額給付金による臨時収入があったことや、外出自粛により、旅行などのレジャー費や外食費、被服費などが抑えられ、家計に余裕が出た分を貯蓄に回していることなどが考えられます。

加えて、株価が上昇したことも影響しています。コロナショックで一時期急落しましたが、その後、株価は回復し、堅調に推移しています。

また、若い世代を中心にiDeCo、つみたてNISAへの関心も高まっており、ステイホームの時間が多くなった中、PCやスマホで、気軽に投資をした結果、資産が増えたケースも少なくないよう。つまり、投資をしていた人は、株価上昇の恩恵を受け資産が増えたというわけです。

日米の家計の金融資産の構成を比較

最近は、投資に興味・関心を持つ人も増えてきているようですが、今回の調査でもわかったように、投資をしている人と投資をしていない人とでは、お金の増え方に差がつきます。

投資をしている場合としていない場合で、どれくらいお金の増え方に差がつくのかを理解するために、日米の家計の金融資産の構成を見てみましょう。

日米の家計の金融資産構成を見てみると、2019年末の日本の個人資産1,903兆円のうち、現預金は約1,000兆円。総資産の約53%を占めています。一方、米国では、株式・投資信託・債券といった金融資産の割合が約53%あります。

日本と米国では、現預金と金融資産の割合が反対になっているのです。その結果、直近20年の金融資産の推移を見ると、日本の金融資産は、20年間で1.4倍になったのに対し、米国の金融資産は同期間で2.9倍にもなっています!

現在の大手都市銀行の預金金利は0.001%。預金だけにお金を預けていてもなかなかお金は増えないということです。

日本銀行「資金循環の日米欧比較」より筆者作成。
1 2