仕事&マネー バーゲンシーズン到来!衝動買いをやめられる考え方とは?

みなさん、こんにちは。ファイナンシャルプランナーの高山一恵です。夏のバーゲンがスタートしていますね。コロナ禍ではありますが、感染症対策をバッチリにして開催している店舗も多いようです。私自身もバーゲンは大好きですが、つい、買いすぎてしまうことも。そこで、今回は、衝動買いを防ぐためのコツについてお話します。

「SALE」の文字を見ると、ついつい……。

衝動買いを防ぐには「必要なのかどうか」で判断する!

バーゲンという言葉を聞くと、買い物好きの私は、テンションアップ!「最大80%オフ」なんてフレーズが目に入ると、買う気マンマンになってしまいます……!

読者の方の中にも、バーゲンにいくと、「◯◯%オフ!」の値札につられて、つい衝動買いをしてしまうという方も少なくないのではないでしょうか。

衝動買いを防ぐには、バーゲン品を目の前にしたときに「欲しいものなのか」または「必要なものなのか」を考えることです。

生活に必要なものであれば、生活を成り立たせるために必要なわけですから買うべきです。
一方、欲しいものであれば、生活にそれほど必要ではないといえますので、買うべきかどうか冷静に考えることが必要です。

また、バーゲン品を手にした時に、「正規の値段でも買うかどうか」を考えることも重要です。正規の値段だったら買わないという物は、「そもそも必要のない物」の可能性大!本当に必要な物であれば、多少割高であっても「必要なものだから仕方がない」と割り切って買う人がほとんどなのではないでしょうか。

「正規の値段なら買わないけど安いから買っちゃおう!」という動機で買った物を思い返してみると、「買ったはいいけど、ほとんど使っていない」ということになっている場合が多いもの。正規の値段でも買うか買わないか、つまり、「本当に必要かどうか」を判断軸にすると、衝動買いが防げます。

1 2